楢を使用した俳句

俳句例:101句目~

こゑあげて山埋めよと楢落葉/松村蒼石

駒鳥鳴くや水楢林馬柵うちに/杉山岳陽

楢山ヘ牛追ひ上げぬ今朝の露/高田蝶衣

楢の花見て雲中の村に入る/鷲谷七菜子

楢さくや雨ふりかかる畑附き/飯田蛇笏

ほうほうと楢山枯るる寒日和/富安風生

水楢の芽立ちはおそし峠茶屋/高木晴子

やはらかに桜まぶしぬ小楢山/矢島渚男

水楢の霧氷を散らし四十雀/小松崎爽青

亡者らがあそぶ九月の楢林/桑原まさ子

水楢をかぶりて秋の華厳おつ/萩原麦草

別るる日楢山に枯れ到りけり/宮坂静生

湖照ればひしめき芽吹く楢林/那須乙郎

図書館の固き木椅子や楢黄葉/内田雅子

源流へ小楢落葉の踏みごたへ/野上寛子

山祇の土になれゆく小楢の実/佐藤鬼房

板屋根の泥になるまで楢落葉/前田普羅

慈悲心鳥満天の楢萌えほぐれ/堀口星眠

数葉を道連れに落つ小楢の実/鏡愁葉子

楢山時雨藪鳥なほも静まらで/臼田亞浪

俳句例:121句目~

楢林に見えて渓流透くばかり/飯田蛇笏

楢櫟芽吹きつ飢う日続きけり/石川桂郎

楢山のかかるところの鴉の巣/下鉢清子

月のよな日輪かかり枯るる楢/西村公鳳

楢林枯れ迦具土神に夕日差す/宮津昭彦

繭ごもるものよ楢山椒気満つ/佐藤鬼房

六月の水楢富士をかくしけり/萩原麦草

楢山の浮かんでゐたる春炬燵/吉田鴻司

茄子苗や楢の小枝をさし翳し/滝井孝作

楢落葉かたみにかろき音重ね/角川照子

昼の月浮べて楢の照葉かな/水見悠々子

楢葉くらく/縁に月さす新盆会/山崎斌

酸素吸ふ師を見てをりぬ楢若葉/岸田稚

楢山を楢飛ぶ猪のうだきかな/幸田露伴

楢黄ばむひと日見舞を怠れば/橋本榮治

野天風呂楢の枯葉の月夜なり/太田鴻村

樋の口や流れもあへぬ楢紅葉/巌谷小波

雷近くなりし庇の楢大樹/長谷川かな女

かけす鳴きひかりしたしき楢林/杉山岳陽

かすみ来ぬ芽の疾きおそき楢櫟/臼田亞浪

俳句例:141句目~

昼餉すやさくらは無くも楢の花/渡辺水巴

ここと決め根を張る小楢春の雷/岩永佐保

葱の香に夕日のしづむ楢ばやし/飯田蛇笏

茅の輪くぐり楢の小川の橋渡る/岸風三楼

しばらくはあられ降りやむ楢林/飯田蛇笏

どこからも東風の出てゆく楢櫟/古舘曹人

水音にいちにち芽吹く楢くぬぎ/由利雪二

病弟子は師に訪はるるよ楢若葉/石田波郷

芽立つもの欅楢などたくましき/高濱年尾

凍蝶の楢山にゆきそびれたる/渡辺乃梨子

甘藷負つてこゝに年暮るゝ楢櫟/岩田昌寿

楢の木沢もとより水楢黄葉して/高澤良一

山頂や忌のごとく日の楢紅葉/小島千架子

新緑やまた水楢に歩をとゞめ/佐野青陽人

自然薯掘楢に自転車たてかけて/中村四峰

水楢の縞の動きて小啄木鳥をり/堀口星眠

楢山は尾羽うち枯らす山となり/高澤良一

楢洩るゝ日や湖べりの穴まどひ/相馬遷子

楢山の入るにはげしき青葉かな/宮慶一郎

楢山の窪に蝌蚪生ふ木の芽季/水原秋櫻子

俳句例:161句目~

水楢の瑞のみどりに身の泳ぐ/文挟夫佐恵

芽ぶく楢山繭うすき黄に透ける/草村素子

楢落葉跫音寄せ合ひ葬りけり/鳥居美智子

蜷の道より楢山に入りにけり/藤田あけ烏

楢もみじ命あまさず生きむとす/巌谷小波

楢林春日あるかぎり踏まんかな/渡邊水巴

楢楓落葉して地のゆたかさよ/馬場移公子

水楢や更紗卯つ木はほのめくに/渡邊水巴

秋暑し楢の小川に手をひたし/坂川満智子

雪解雫一夜小楢のまつげより/高野ムツオ

楢さきて巌ぬれそぼつなごり雨/飯田蛇笏

楢山にしぐれの虹は欠けて立つ/小林侠子

炭斗に楢の葉見えて炭減りぬ/水原秋桜子

鬼灯を鳴らしてたぐる楢山か/岸本マチ子

楢芽吹くあかるさは水遠からぬ/鷲谷七菜子

楢落葉いざなふごとく降りにけり/岸風三楼

楢櫟つひに黄葉をいそぎそむ/竹下しづの女

水楢の実ならむうしろに今落つは/高澤良一

かたぶきて陽のさす楢の宿雪かな/飯田蛇笏

黄金週間何処へも行かず楢の雨/本宮銑太郎

俳句例:181句目~

卒業唱歌楢は水のよな葉をとどむ/佐野良太

小楢若葉陽が漏れ日が透き妻匂ふ/北野民夫

楢山の曇ればつくつく法師かな/藤田あけ烏

楢おち葉厚ければ移公子も音たつる/及川貞

りんだうや楢のこぼれ日ふみゆけば/木津柳芽

むささびは水楢の木のうへを飛び/今井杏太郎

ひるのひかりの楢山越えの鴉の子/奥山甲子男

さみしさの何時身に添ひし楢黄葉/鳥居美智子

楢の木やつひに一ふゆきびしきかほ/細谷源二

楢の樹に手を置き山の秋を知る/阿部みどり女

畑打ちに夕裏葉見する楢となり/冬の土宮林菫哉

楢の葉雪のように積もる日出てゆく妻/西川徹郎

茱萸をふふめば楢の虚空をバツハの曲/加藤秋邨

日矢きはだつ楢幾樹過ぎ瑠璃鳥また鳴く/中戸川朝人

水楢のこかげに憩ひ岩畳のさざなみを踏み/喜谷六花

筒鳥や楢の下草片敷けば/石田波郷「石田波郷全集」

汽車のひびきも夜明けらしい楢の葉が鳴る/種田山頭火

楢葉の朝からちるやとうふゞね/一茶/文化元年甲子

これが米つくる百姓の/食いものかと/楢の木の実を/ころがしてみる/渡辺順三

タイトルとURLをコピーしました