遠見を使用した俳句

遠見に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

遠見を含む俳句例

大島を遠見に湾の冬鴎/市川梓

簗狙ふ鴉遠見の羽休め/川島双樹

鯨くる海を遠見に袋掛/高須禎子

勇捕る船や遠見の大瀑布/尾崎青磁

池遠見萍の座の光り見ゆ/高浜年尾

白昼の牡丹遠見にひとの家/桂信子

新秋の遠見に白き牧の柵/倉橋弘躬

遠見には猫をかぶって青桐よ/安西篤

墓二三遠見えてゐる日向ぼこ/塘柊風

二タ上の山を遠見に葡萄狩/高岡智照

大蓼や遠見に見ゆる牛の市/三好達治

何見るそ桜の茶屋の遠見鏡/正岡子規

春蝉や遠見動かぬはだら牛/相馬遷子

反芻の牛に遠見の斑雪山/鷲谷七菜子

遠見には鴉とまぎれ磯菜摘/福永耕二

甘蔗刈る遠見の人にのみ日ある/佃資夫

戦ひし海を遠見に牡蠣啜る/岩下ただを

竹むらの遠見にしとる霧の渓/飯田蛇笏

秋光の花卉を遠見に憩ひけり/飯田蛇笏

借景の富士を遠見の去年今年/中村苑子

俳句例:21句目~

卒業期/海を遠見の少女たち/坂田紀枝

双塔を嵌めて遠見のお山焼/石黒まさを

花はちす遠見に女みごもれる/石原八束

遠見なる落柿舎よろし茄子の花/堤高嶺

海路遠見の羅漢の前後柿紅葉/伊丹公子

阿蘇の霜光りて遠見ケ鼻隠る/石原八束

歩廊初夏タオル使ふを遠見にす/宮武寒々

いつよりか遠見の父が立つ水際/中村苑子

春スキーのさびしき数を遠見にす/岸田稚

えぞ萱草遠見に過ぎる島の墓/文挟夫佐恵

菱喰の遠見に群れてしづかなる/染谷秀雄

遠見して雲にはあらず花林檎/上平はるを

どこも麦蒔松を遠見のむさし野は/及川貞

体操の時間を遠見きんぽうげ/田村千代子

わが撞きし鐘を遠見の菜飯かな/鈴木鷹夫

遠見れば酔漢も好し野路の梅/殿村菟絲子

天上大風梯子乗りして遠見の形/北野民夫

雁渡し富士を遠見に父母の墓/岩下ただを

高はごを遠見てわれも声落す/吉田北舟子

暗い磧をほのかに御祓すと遠見る/喜谷六花

俳句例:41句目~

目立つもの遠見の辛夷なりしかな/高浜年尾

或る日老たり遠見の鱶に陽は遊び/折笠美秋

花合歓や近眼の山羊の遠見ぶり/中村草田男

サンシャインの灯り遠見に虫すだく/脇坂啓子

しぐれ忌の日矢を遠見の志賀にあり/藤田湘子

喪は百合の香にみちみちて遠見鶏/八木三日女

死の家遠見に舟漕ぐばかり老爺の手/伊丹公子

はたちの吾娘を遠見るおもひ雪の嶺々/中村明子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました