閂を使用した俳句

閂に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

閂を含む俳句例

春眠の身の閂を皆外し/泰

雪厚き蔵の閂寒造り/及川貞

初午や閂はづす乾門/野村喜舟

椿落つ閂太き勅使門/内野睦子

水門の閂太し若菜籠/比田誠子

閂の真一文字に牡丹寺/赤井淳子

大寒の閂外す水垢離堂/大村あさ

閂に残る小雪や夕霧忌/渡辺峰山

春陰や閂かけし舟屋口/加古宗也

水仙や寺領閂鎖すまま/加藤耕子

閂をかけて見返る虫の闇/桂信子

陣痛に霜の閂真一文字/横山房子

閂のずんと貫く寒さかな/宮井武彦

身の内の閂外れ若葉の湯/高澤良一

閂を抜かぬ門なり凌霄花/大高弘達

大寺のあまき閂日脚伸ぶ/大槻久美

小鳥来て縄閂の緩むかな/山崎和枝

山眠り神は内より閂す/殿村菟絲子

閂の潮傷みせり松の花/櫛原希伊子

閂の音のここまで冬座敷/榎本好宏

俳句例:21句目~

閂を軋りはづしてけさの霧/及川貞

閂を閉ざし猪鍋囲みをる/柿本多映

月明にかんぬき重き縁切寺/滝佳杖

数へ日の閂ゆるき父母の家/辻美奈子

閂のことりと桜月夜かな/古賀まり子

啓蟄や空の閂はずれけり/清水千勢女

閂のひそかに抜かれ春の闇/寿賀義治

閂のガチヤリと閉まる冬の月/星野椿

閂の雪払ふ頃なほ明けず/山口波津女

閂をかけて枯野を遠ざける/箱井幸子

閂をさすむんむんと春の星/山口誓子

いささかの身の閂に秋の霜/阿部恭子

初山河身の閂を差し直す/内田やす子

閂を闇にさしこみ恵方へと/今関幸代

唐門のほそき閂かたつむり/水野爽径

雁来紅を一閂に閉ぢ勅使門/古館曹人

蛇穴に身の閂は外されぬ/稲垣きくの

山の月さすや閂せゝこまし/西山泊雲

閂を引き抜くように秋だった/大西泰世

閂の朱をもて禁裡春おちば/赤松けい子

俳句例:41句目~

海へ向く閂ボンタン多弁な闇/豊口陽子

閂かたき寺のうちそと冬の鳩/中山純子

閂をすり抜けて来て秋がゐる/太田白羊

鶏頭もけものの類/閂や/たむらちせい

閂を下ろしてよりの夜長かな/稲田眸子

閂の「一」の字開き恵方みち/平井さち子

風邪の熱身の閂のみなはづれ/松本たけし

かんぬきをさせば月夜や松落葉/渡辺水巴

山車蔵のかんぬき固し戻り梅雨/安原久雄

恵方なる道へかんぬきはづしあり/由井艶子

目刺しと目があう自我の閂をはずす/西郷真理

うすばかげろふ閂に手を触れをれば/佐々木六戈

タイトルとURLをコピーしました