点滴を使用した俳句

点滴に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

点滴を含む俳句例

湾口に蝶の点滴ザボン売/原裕

点滴の忘想時間花曇/星野石雀

点滴の音なき音や菊枕/新純子

九階の秋風入れて点滴を/町春草

点滴のリズム命を刻む冬/森洋子

水塩の点滴天地力合せ/沢木欣一

点滴と同色秋の日暮空/鈴木鷹夫

雪国の雪解点滴深く穿つ/森澄雄

点滴にうたれてこもる蝸牛/蕪村

点滴の児と水ナ底の短夜ぞ/子郷

点滴の金剛の粒光り夏/石塚友二

点滴の患者眠れり花の昼/村田抱星

点滴の空手で握手年終る/岡島孝子

点滴の一滴づつの初明り/内山照久

点滴の一滴づつの秋の暮/草間時彦

点滴の一滴長く日短き/小出美智子

点滴の秒刻む夜のメロン/大熊久子

風騒ぐ夜も点滴月の師よ/対馬康子

永劫の如し秋夜を点滴す/日野草城

点滴の元気湧く彩朧夜へ/高澤良一

俳句例:21句目~

頭の中に梟のゐて点滴中/赤尾恵以

糸柳日の点滴を地に繋ぐ/新井道江

点滴を花の雫と思ひをり/重富北坡

点滴は命のしづく春の月/藤巻昭二

点滴の飴色春夜の術後妻/奈良文夫

点滴の壜一列に揺れて夏/仙田洋子

点滴の針あと蒼し秋黴雨/成田郁子

点滴のふたり正月凧遠し/神尾季羊

点滴を仕事となして小六月/今泉貞鳳

去年今年暗く静かに点滴す/駒走鷹志

囀を点滴の子と聞きゐたり/西川五郎

点滴を解かれて花の天仰ぐ/下村非文

天地音なし春昼に点滴す/野見山朱鳥

点滴筒斑雪浅間の宙に吊り/堀口星眠

牛一頭点滴受くる夏野かな/鈴木康夫

汲み去りて点滴の辻蝙蝠に/小池文子

点滴に五体をあづけ目借時/青木暁雲

点滴に弾かれ喜び糸とんぼ/香西照雄

点滴に縛られし月登りけり/石川桂郎

点滴のぎらつく生や夏の波/高野豊和

俳句例:41句目~

点滴のまま運ばるる冬廊下/井垣清明

点滴の一滴づつが木の芽まで/内田啓

点滴の休みの一日桐咲けり/影島智子

点滴の時間の端にわが子雀/林とよ子

点滴の母眠りをり遠ざくら/館岡沙緻

点滴の瓶にリボンや降誕祭/原田青児

点滴の細りし指の冷たさよ/小野茂川

点滴の終りを告ぐる朧ごゑ/高澤良一

点滴の落つる音止む朝の月/細谷文子

点滴は遠い枯野の中落ちる/対馬康子

点滴も喇叭水仙も声なさず/石田波郷

点滴や枯野を迷ふ耳を持ち/立川華子

点滴や西日一滴づつ入る/紅林みのる

点滴をかざり火となる烏瓜/横山白虹

クリスマスツリーに集ふ点滴台/南桂介

点滴を外して街は十二月/藤原たかとし

点滴の漏れし手の甲冬ざるる/飯島/明

桃一枝点滴のこの長き空間/藤村多加夫

点滴も足ゆたんぽも外されし/藤崎久を

点滴の枷を解かれし朝寝かな/松村英子

俳句例:61句目~

点滴の終りに近し春の空/阿部みどり女

点滴の済みたる夫に梨をむく/重浦良枝

点滴につなぐ玉の緒蝉しぐれ/巌谷小波

点滴のしたたりを染め風青し/秋葉舟生

秋思ただ点滴雫みあげをり/秋元不死男

点滴につながれている花曇り/的場晴子

身について近き点滴遠き秋嶺/横山白虹

鏡中に点滴瓶と熟れるメロン/寺井谷子

長き日よ点滴注射さらに長く/相馬遷子

死や涼し点滴の紐とりはづし/清水径子

点滴注射明日より減るよ桃の花/相馬遷子

点滴や詩の失せてゆく凍のある/新藤玲子

点滴をかぞヘベッドに年惜む/片岡片々子

点滴の薄紅葉いろまぬがれず/松田ひろむ

点滴につながれてゐる神の留守/佐野農人

点滴の身の窓ごしに炎ゆる街/徳田千鶴子

大残暑点滴ぽとりぽとりかな/松田千佐代

山茱萸やどこか幽かに点滴す/篠田悌二郎

点滴の針つけつ放し今日針供養/星野紗一

点滴の露のひとつぶ夕焼けたり/佐川広治

俳句例:81句目~

点滴のこはどこの道霧すすき/松本美紗子

点滴に右手とられぬつちぐもり/大石悦子

点滴台にかけたるままや夏帽子/森川美枝子

点滴や壁を棲みかの昼ちちろ/鍵和田ゆう子

点滴の冷やかな手をさすりやる/水田むつみ

点滴は星の山葵田にいるような/吉田透思朗

黒鯛旨しと言ひてかそかに点滴中/赤尾兜子

点滴の日は昇りつつこの国滂沱たり/江里昭彦

点滴と白い月とがぶらさがつている夜/住宅顕信

深夜、静かに呼吸している点滴がある/住宅顕信

タイトルとURLをコピーしました