学問を使用した俳句

学問に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

学問を含む俳句例

子雀同士鎧坂学問所/松山足羽

帰省子の学問古りぬ草の家/原裕

百姓の耳学問や保己一忌/中火臣

病葉や学問に古る白浴衣/原石鼎

学問や秋海棠の窓に拠り/尾崎迷堂

学問は尻からぬけるほたる哉/蕪村

学問の昼の褥は壁に押し/岸風三楼

春塵の如き学問考古学/粟津松彩子

村人の耳学問や藤樹の忌/飯田立春

満開の桜や学問ノススメ/戸松九里

覚え悪き学問の子に火取虫/北川草

もみぢして学問処の孔子木/高澤良一

学問の胡坐の膝の子猫かな/日野草城

初天神学問の絵馬恋の絵馬/結城一雄

学問に霧一粒の曇る悲しさ/赤尾兜子

学問は滅びず鰯雲あれば/鳥谷部康之

寒鴉の百態学問に落伍せり/齋藤愼爾

宗教といふ学問や著莪の花/相川幸代

学問に疎く侍りぬ孔子祭/佐藤恵美子

学問の迷ひにも似て蟻の道/能村研三

俳句例:21句目~

学問のさびしさに堪へ炭をつぐ/誓子

学問の夫にすすむる砂糖水/石井信子

学問の純粋を恋ひ落葉踏む/山本歩禅

梅一輪耳学問をしてゐたり/栗林千津

百日紅学問日々に遠ざかる/相馬遷子

蓑虫や学問の府にぶら下がり/森田峠

足焙わが学問をつゞかしむ/三村純也

学問の黄昏さむく物を言はず/加藤秋邨

学問や閉せど冬の破れガラス/古沢太穂

乱菊やわが学問のしづかなる/山口青邨

学問に挽く木の膚や秋晴るゝ/久米正雄

学問に興うすき子の昼寝かな/小野克之

学問の夢すてきれず年守る/山下しげ人

学問の夫のしりへに毛糸編む/松尾静子

学問の果なきを知り年の夜/山下しげ人

春蘭や学問ほどの不確かに/鳥居美智子

学問の窓の柘榴よ咲いて散る/岸風三楼

学問の窓並ぶぎんなん臭き道/川崎展宏

学問も小判も囓つてみて師走/櫂未知子

学問の長きに娶り犬ふぐり/赤松けい子

俳句例:41句目~

霜やけや学問出来ぬ田舎の子/籾山柑子

頭大の海苔を焙つて学問寺/鳥居おさむ

学問の静かに雪の降るは好き/中田みづほ

学問所涼しき土間のありにけり/山本洋子

学問に炎えし血のいろ楓の芽/岡本差知子

みとる夫学問の手を胼にして/柴田白葉女

学問の神をあがめて冷ゆるなり/伊藤通明

学問の灯より夜なべの灯は低し/石倉啓補

学問の灯をゆるがして猫の恋/五十嵐播水

松の花に高き二階や学問所/長谷川かな女

学問につまづき医書も黴びるまゝ/佐藤悟朗

学問に生きて生かされハンモック/福沢義男

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました