縮緬を使用した俳句

縮緬に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

縮緬を含む俳句例

初茜縮緬波の宮古湾/竹田可生

緋縮緬着て男衆六斎会/東野鈴子

初鏡縮緬皺の見事なる/相良知子

干瓢の白縮緬の花の夕/西本一都

縮緬の紫さめし衾かな/正岡子規

縮緬の袋に句帳久女の忌/神山孝子

秋の葉や太山もさやに緋縮緬/宗因

曳航のあとの縮緬寒茜/正木ゆう子

朝顔や縮緬皺の二葉あげ/河野静雲

縮緬の紫さめし蒲團かな/正岡子規

雁来るや黒縮緬の染上り/野村喜舟

ちりめんの小袋二つ縫始/三宅良子

まゆ玉や白ちりめんの肌障り/一音

牡丹見る縮緬皺の腕組んで/湊楊一郎

人形の肌の縮緬さくら冷え/八染藍子

縮緬の衿卷臘虎の帽子かな/正岡子規

春水の縮緬皺や北風添へば/栗生純夫

ちりめんへ散らす待針春隣/大津茂子

水芸のちりめん着附夏芝居/今泉貞鳳

母の世の縮緬おもき土用干/白澤よし子

俳句例:21句目~

水切れば金のさやぎや縮緬菜/松藤夏山

水涕に裂くや逢ふ夜の緋縮緬/尾崎紅葉

緋縮緬噛み出す箪笥とはの秋/三橋敏雄

縮緬に酒しぼる身や明け易き/会津八一

縮緬の座布団仕上ぐ枯世界/殿村菟絲子

絽縮緬膝の畳紙を出たがりぬ/大石悦子

お手玉は母の縮緬小鳥来る/府中谷幸枝

雛箪笥あくやふくらみでる縮緬/澁谷道

ちりめんのお手玉五つ良寛忌/和気永子

にこにこと縮緬皺の花菜の葉/高澤良一

冬真昼縮緬を縫ふ部屋に入る/吉田広子

君が代や縮緬の鯉菖蒲の太刀/正岡子規

伸シ餅のちりめん皺に占はん/高橋睦郎

岩めぐるちりめん波や海蘿摘/須賀明泉

朝凪のちりめん波も丹後なる/大立しづ

掛香や縮緬づくしの小間物屋/中栄竜子

白縮緬ゆふがほの花浮かみ出で/川崎展宏

暮遅し長浜ちりめん切り分けて/田中俊子

稲光り白ちりめんを積み重ね/鳥居美智子

芋虫のちりめん皺の意気旺ん/つじ加代子

俳句例:41句目~

ちりめんを織る音に立つ冬の虹/加藤三七子

縮緬織る雪解しづくの光りづめ/大礼阿以子

笹鳴にひらめく老の瞳縮緬織る/加藤知世子

筏場のちりめん波やふところ手/小島千架子

ちりめんの座ぶとんふかと蕪村の忌/永方裕子

冬日移るちりめん白地一寸織られ/橋本多佳子

しぐれ聞きちりめん山椒一トつまみ/高澤良一

雪の影してちりめんの織りあがる/鷲谷七菜子

さるすべりちりめんお手玉作っちゃおか/服部光子

くろちりめんひんやりすあかがねひばち/中塚一碧樓

ちりめんの狙を抱く子よ丸雪ちる/一茶/文化十年癸酉

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました