一遍の忌を使用した俳句

一遍の忌に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一遍の忌を含む俳句例

回遊の鯉の鰭見え一遍忌/高澤良一

流木に舟虫走る遊行の忌/佐藤和夫

鮑の上あるく鮑よ一遍忌/高澤良一

遊行忌や小鉢に山の衣被/熊谷國男

遊行忌の道一本や相模晴/高澤良一

遊行忌やこの夕べよりちる柳/馬琴

念じつつ坂上り切る一遍忌/渡部春水

今からは幾人に逢う一遍忌/山口善子

色里を抜け磴登る遊行の忌/大塚禎子

遊行忌の東少女は鮒を見に/赤尾兜子

堂めぐる僧の擦り足一遍忌/牛山孝子

僧堂の子に遇ふ父や一遍忌/長崎片帆

遊行忌の潮足裏の砂を引く/小川玉泉

遊行忌の羮の碗蛾をとどむ/宮武寒々

うしろ姿の一遍の忌なりけり/島谷征良

忽然と死があり一遍忌の深空/野木桃花

生きてゐて相遇ふ僧や一遍忌/河野静雲

とんぼうの影と歩める一遍忌/山崎房子

生きて居て相遇ふ僧や一遍忌/河野静雲

一遍忌居酒屋商船テナシテー/攝津幸彦

俳句例:21句目~

穂芒のかげ踏み踊る一遍忌/鎌須賀礼子

一遍忌風となるまで野に佇ちぬ/脇祥一

俗に在りて賜はる僧位一遍忌/阿川燕城

遊行忌の水あるところ山が見え/福島勲

子規の忌ののち一遍忌寶巌寺/黒田杏子

山月の望をすぎたり一遍忌/三田きえ子

爪先を跳ねるきちきち一遍忌/川崎妙子

水漬きたる草に花あり一遍忌/小川軽舟

遊行忌やからくり唄の照手姫/宮代坡上

遊行忌やものの不思議に蔓茘枝/森澄雄

暗がりに僧あまたゐる一遍忌/島田碩子

遊行忌や旅の鞄の肩替へて/梅老沢貴美

遊行忌や眩しき方へ草の絮/河原枇杷男

遊行忌の川だらだらと流れけり/橋本榮治

遊行忌の紅あたたかき蕎麦の茎/吉田紫乃

ぎんなんに砂をかぶせて一遍忌/長沢ふさ

遊行忌の草打つ雨となりにけり/永方裕子

なつかしきお貌昏れゆく一遍忌/黒田杏子

遊行忌の露の白さをたたへけり/長谷川櫂

一遍忌歩きて得たるもののあり/小林篤子

俳句例:41句目~

数珠玉のむらさき深し一遍忌/原田しずえ

思ひきり野づら晴れたる一遍忌/有光令子

老の身をタンゴに反らす一遍忌/吉田汀史

遊行忌の一日揺れる猫じやらし/鈴木勘之

遊行忌や道後で買ひし迷子札/西勝こう子

遊行忌や遊び遊びて捨て捨てん/高橋睦郎

遊行忌の風もことばを持ちにけり/島谷征良

くるぶしに風の生まるる一遍忌/小倉恵都子

遊行忌のすすき束ねてをられけり/黒田杏子

ほかほかの飯盛り分けて一遍忌/石橋まさこ

遊行忌の夕富士負うて歩きけり/藤沢紗智子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました