シーツ/敷布を使用した俳句

シーツ/敷布に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

シーツ/敷布を含む俳句例

寒茜シーツ一枚残りけり/仙田洋子

麦埃遠き飯場に燈の敷布/香西照雄

翻へり乾くシーツや巴里祭/下山宏子

弟のシーツはがすや韮の花/瀬間陽子

赤ん坊に敷布妙なる天の川/高澤良一

母の床のつめたき敷布青田村/中拓夫

花桐や敷布くはへて閨の狆/飯田蛇笏

初夏の白きシーツを泳ぎ切る/仁平勝

時鳥太湖孤泊の敷布の皺/伊丹三樹彦

寝正月せめて敷布の新しく/野村喜舟

梧桐の敷布にはえて暑気中り/飯田蛇笏

糊硬き敷布をふんで秋立つ夜/中山純子

雁をきく敷布の皺をのばしつつ/桂信子

青空に敷布干されて震災忌/田中芙紗子

木犀の香りへ敷布投げて干す/岩崎嘉子

久しぶりに純白シーツ冬のバラ/皆吉司

寝酒掲ぐシーツに琥珀色の影/櫂未知子

雲にはや真夏の光シーツ干す/長谷川櫂

時は無縁白き敷布の肌ざはり/飯田蛇笏

折れまがり葡萄色のシーツあり/九月隆世

俳句例:21句目~

新涼のシーツの上の赤子かな/佐々木リサ

新涼のシーツを湖のやうに敷く/木村ふく

綱張りてシーツ干したり夏木立/長谷川櫂

糊効きし八十八夜のシーツかな/館岡沙緻

青空をそめたシーツでの遊びかた/古田嘉

滑り込むシーツ寒さも底打って/高澤良一

白シーツ明日白鳥になるつもり/辻美奈子

鵙高音シーツの皺を叩き干す/大村千鶴子

けさ秋の敷布の白にめざめゐる/河合凱夫

なつまけの足爪かゝる敷布かな/飯田蛇笏

ががんぼを許してしまう白シーツ/姉崎蕗子

ばりばりとシーツを開く立夏かな/櫂未知子

初音せり庭いつぱいにシーツ干し/遠藤梧逸

夜の植田シーツの幅に人は寝て/北原志満子

手花火の煙くる部屋にシーツ敷く/高澤良一

春の蚊のとまりて敷布のべられし/中島月笠

端午の日なれば真白なシーツ干し/如月真菜

真つ白なシーツを敷けば冬の海/和田耕三郎

虫啼くやいざ寐ねん敷布新しき/大谷碧雲居

除夜の鐘赤ん坊にあたらしき敷布/中山純子

俳句例:41句目~

とんぼうの止まりしシーツよく乾く/椎橋清翠

シーツ替へその夜春星と「植樹祭」/桜井博道

鉄棒のように曲がる人間シーツの上/大石和子

梅雨晴れへ大きな敷布干しひろぐ/中野登美子

菊の象の腋毛アパートの暗いシーツ/大沼正明

いうれいの脱いでたたまぬシーツかな/山県總子

白い敷布にいぬべくとして坐るしばし/喜谷六花

星図の暗さのシーツに溶けるごと眠る/高野ムツオ

シーツみたいな海だな鳥たちは死んでしまった/四ッ谷龍

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました