天心を使用した俳句

天心に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

天心を含む俳句例

天心にして白鳥の大翼/石嶌岳

天心の月の白毛稲を干す/中拓夫

豆実る天心居なり浪の音/及川貞

天心に幻日かゝげ寒桜/上野和子

天心の青迅からむ雁渡/平井照敏

天心の魚が唾垂れ立葵/坪内稔典

三山の天心にして春の雷/沢木欣一

天心に最も近し梅雨入鯉/高橋陸郎

次に見し時は天心冬の月/稲畑汀子

天心に会ふ二ながれ鰯雲/皆吉爽雨

小米花月天心に来て明し/中本梯梧

天心や一聲もらす菫草/河原枇杷男

天心に太陽膝に毛糸玉/櫛原希伊子

天心に跼むは蓬摘める母/齋藤愼爾

天心の墓は土饅頭春の芝/山口青邨

天心に昼月澄めり達磨市/永田徳子

三更の月天心に柚子湯かな/太田光子

天心にして脇見せり春の雁/永田耕衣

天心に手足あそばす春の暮/齋藤愼爾

天心に日を迎へたる雲雀かな/不破博

俳句例:21句目~

天心に鶴折る時の響きあり/攝津幸彦

天心の田舎に蜂の還るかな/永田耕衣

天心を月ゆく穂草穂草かな/小川軽舟

天心をそれぬ鷹あり奇景なり/中田剛

月天心栗打つ音をのこしけり/中田剛

燕来て天心ことに利鎌の羽/皆吉爽雨

月天心貧しき町を通りけり/与謝蕪村

月天心鬼門に水の溜り居る/柿本多映

潮騒やさみだれ晴るゝ天心居/及川貞

苔青き天心塚を撫でて辞す/伊藤京子

萍の生ひて天心そのあたり/平井照敏

月天心何をなすにも縄はなし/高澤晶子

月天心家のなかまで真葛原/河原枇杷男

天心に抛りて羽子を休めたる/国見敏子

天心の浜薔薇に朋たてこもる/大井恒行

天心に風船のゆく南風かな/八木林之介

天心の月の左右なる去年今年/井沢正江

天心にゆらぎのぼりの藤の花/沢木欣一

満月の天心にして胸さわぐ/跡部祐三郎

天心の月ふるひたる雪崩かな/吉田冬葉

俳句例:41句目~

脱獄監視の電球霧色天心澄む/香西照雄

山粧ふ日毎峰より袈裟がけに/井口天心

常しえに天心をゆく夜汽車かな/須藤徹

天心では濃き昼の月野に遺賢/香西照雄

霙打つ天心の墓供華もなし/鈴木トシ子

天心に在れば満ちくる春ひかり/高澤晶子

月天心獅子のうへなる知恵菩薩/佐川広治

とこしえに天心をゆく夜汽車かな/須藤徹

天心に光りいきづくおぼろかな/川端茅舎

青き天心文化の日こそ掃除の日/香西照雄

天心の羽子ゆるゆると落ち始む/土井田晩聖

天心のフエノロサの来しこの枯野/加藤耕子

天心をひた指す壺のひとすぢの息のふかさに立ち上がりたり/春日真木子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました