深大寺を使用した俳句

深大寺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

深大寺を含む俳句例

幾泉見て初詣深大寺/皆吉爽雨

深大寺五月幟や水ぐるま/中勘助

木蓮の美しかりし深大寺/角川春樹

たか~と冬満月や深大寺/角川春樹

山門に梅の添ふ頃深大寺/三浦文恵

稲熟れて深大寺道牛臭き/西村公鳳

紅梅に淡雪かかり深大寺/田中冬二

綿虫や波郷忌近き深大寺/根岸凌雲

蕎麦打たずなりし障子をそのまゝに

藪柑子一粒深大寺を蔵す/川崎展宏

松杉の秀は深大寺月のもと/皆吉爽雨

みほとけの深大寺村栗を買ふ/及川貞

三月やまづ水神の深大寺/鈴木しげを

秋立つと仏こひしき深大寺/石橋秀野

半日の落葉を踏みぬ深大寺/綾部仁喜

地の鴉木の鴉冬の深大寺/殿村莵絲子

地の鴉赦して冬の深大寺/殿村莵絲子

深大寺無患子拾ふ十あまり/柴崎忠雄

深大寺蕎麦が熱くて年の暮/大嶽青児

深大寺ほとけおはすぞ馬に鞍/中勘助

俳句例:21句目~

秋晴の彼も一人や深大寺/星野麥丘人

露けさやそばより芋の深大寺/龍岡晋

春惜しむ深大寺蕎麦一すすり/皆吉爽雨

水引のひとすぢくもる墓前かな/岸田稚

波郷忌の深大寺道穢土浄土/下村ひろし

深大寺みち綿虫の大きかり/大山さちを

綿虫の綿あたらしや深大寺/八木林之助

深大寺暮色俄かや齋のあと/下村ひろし

深大寺蕎麦にあづかる年忘/上田五千石

いつも来る綿虫のころ深大寺/石田波郷

綿虫に逢はんと来たり深大寺/外川飼虎

きさらぎの蓬を焚けり深大寺/宮岡計次

佛ゐぬまに鶏とそばくふ深大寺/中勘助

綿蟲の綿あたらしや深大寺/八木林之介

綿蟲の頃とこそいへ深大寺/八木林之介

草も木も四月の名札深大寺/根岸たけを

新蕎麦に間のある風の深大寺/秋篠光広

春めける深大寺絵図草のいろ/長内艸骨

逢ひたきは波郷小春の深大寺/小坂順子

雨の日の雨の無患子深大寺/星野麦丘人

俳句例:41句目~

深大寺蕎麦を啜りて年賀かな/星野麥丘人

炎天となるおん墓のうらおもて/細川加賀

田を植ゑて深大寺村しづかなり/岩田昌寿

昼ごろは杉菜の長けて深大寺/藤田あけ烏

先生の見てゐる落葉掃きにけり/細川加賀

落葉し盡くして深大寺小学校/八木林之介

深大寺旗垂れてゐる大暑かな/谷古宇巧一

元日のすみれ咲きをり深大寺/鈴木しげを

泰山木に雪あつきかなまた雪に/巌谷小波

深大寺丈余の切子ともりけり/肥田埜勝美

綿虫の消えなむころにこころ遣り/岸田稚

著莪のなか墓を濡してかへりけり/飴山實

血になるまで夕陽離さぬ木守柿/長谷川秋子

タイトルとURLをコピーしました