昇天を使用した俳句

昇天に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

昇天を含む俳句例

昇天の志なき鯰かな/藤岡筑邨

一菩薩面輪昇天春深し/橋本鶏二

低鼻の死顔寒夜昇天す/津田清子

昇天寸前旱老婆の白日傘/森澄雄

花の主の昇天ののちの花/黒田杏子

風に乗り昇天の情朴の花/山口青邨

終の日の氷柱そのまゝ昇天す/窓秋

雨の中雲雀ぶるぶる昇天す/西東三鬼

金木犀の香の中の一昇天者/平井照敏

昇天日駅に犇めく帰国バス/関森勝夫

昇天の夢や見るらん春の風/正岡子規

三鬼昇天松の花散る水の上/巌谷小波

耕衣昇天静塔発ちし大根穴/黒田杏子

五月晴れ白粉焼けの昇天す/石原八束

五月晴友がうがうと昇天す/國安半久

老猫を抱き医へ聖母昇天祭/杉山鮎水

囀や血の硝子絵の昇天図/野見山朱鳥

大仙となり昇天す梅雨微塵/石原八束

捨苗の緑を捨てて昇天す/百合山羽公

木犀の香に昇天の鷹ひとつ/飯田龍太

俳句例:21句目~

贄の熊昇天雪の降り止まず/柴田黒猿

一木の胴に日の差す昇天祭/岩淵喜代子

三鬼昇天嘘にはあらず蟻歩む/岸風三樓

大海馬背びれひらひら昇天す/高澤良一

昇天の合掌そろふ梅雨夕焼/下村ひろし

昇天の巌を押へて瀧飛沫く/野見山朱鳥

昇天の祈りの声が夏まだき/相川やす志

一螢火高樹に沿ひて昇天す/上田五千石

昇天祭夕月楚楚と天にあり/古賀まり子

火山の青空夏雲雀の声昇天す/原子公平

枯菊を焚くやつひの香昇天す/大橋敦子

降る雪を仰げば昇天する如し/夏石番矢

雲雀昇天三鬼歿後の雨風がち/小林康治

メーデーの束の風船昇天す/橋本美代子

昇天す長病み果てし梅雨晴れに/渡辺恭子

白鳥が引く昇天図さながらに/片山由美子

丑の日のけむり窓より昇天す/五所平之助

コスモスの人気なければ昇天す/高澤良一

草の絮昇天ためしためし飛ぶ/赤松けい子

被昇天その後の聖母露に濡れ/阿波野青畝

俳句例:41句目~

野馬追の姿のままに昇天す/阿部みどり女

晴れときどき豚の昇天倭国の都/夏石番矢

教会の芭蕉玉巻き昇天祭/景山筍吉「虹」

父母昇天つららを垂らし早寝の戸/細谷源二

時のかなた昇天すもの日のはじめ/飯田蛇笏

木に化けて昇天祭にみているなり/阿部完市

靴みがきのうしろこがらし昇天す/石原八束

液状のパンとて飲めり昇天祭/関森勝夫「親近」

為すことのすべてを終へて冬昇天/阿部みどり女

太宰昇天虹のみにつぶやくこともなし/河野南畦

詩の丹頂の鶴となつての昇天だつた/吉岡禅寺洞

春昼冷やけしこの日草竜も昇天すとかや/日夏耿之介

アンダルシアふうの昼過ぐギター曲昇天の/伊丹公子

しづかなる野山の晴れや昇天日/竹田哲「鉄神父俳句集」

凍死者のたましいが一枚のむしろの下から昇天する/吉岡禅寺洞

タイトルとURLをコピーしました