書屋を使用した俳句

書屋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

書屋を含む俳句例

臘梅や書屋即ち父の城/大橋敦子

返り花書屋をのぞく童あり/青邨

初暦掛けて俳諧書屋かな/高林蘇城

十一鳴く聴禽書屋の文机/佐藤トミ

春雪霏霏聴禽書屋畳の香/黒田杏子

屑籠を楯なる書屋隙間風/井沢正江

水霜や獺祭書屋主人考/藤田あけ烏

梅雨籠書屋狭きが故親し/松尾緑富

高々と朴の花咲く我書屋/片岡奈王

蝿遊ぶ三艸書屋の厨窓/深見けん二

西海の硝學書屋草芳し/下村ひろし

親雀誓子書屋の簷に入る/山口誓子

書屋まで庭石伝ひ賀客来る/物種鴻両

冷房の書屋笑止の障子立つ/皆吉爽雨

生涯の書屋の障子今を暮れ/皆吉爽雨

夫子貧に梅花書屋の粥薄し/夏目漱石

芭蕉蔽ふ月下の書屋子規忌かな/竹美

草萌えて舐むるがごとし旧書屋/林翔

雨けぶる新樹書屋の墨竹図/西島麦南

餅花を飾れば書屋山家めき/山口青邨

俳句例:21句目~

養老の炬燵を掘れる小書屋/遠藤梧逸

節分の書屋の鬼は追はしめず/亀井糸游

わが書屋わが掃き坐り四月尽/亀井糸游

旅立つと東風の書屋に一揖す/皆吉爽雨

秋風の旧居もつぱら書屋見る/皆吉爽雨

わが書屋落花一片づつ降れり/山口青邨

春蝉の書屋にあるを憩ひとす/亀井糸游

主なき書屋に赤のまま活けて/川口咲子

初雀柱ほそりし書屋かな/鍵和田ゆう子

暮鳥忌の書屋の埃はらひけり/室生犀星

雷涼し一間暮らしの夜は書屋/皆吉爽雨

炉明りやいつ片付くとなき書屋/石川桂郎

爽涼の竹に書屋の残りけり/長谷川かな女

わが書屋句屏風半双あれば足る/小田尚輝

チューリップ赤の週間わが書屋/後藤夜半

英治忌の過ぎし書屋に胡蝶蘭/鈴木寿美子

妻の炉を開き書屋の炉を開く/深m正一郎

嫁が君ゐるにまかせて書屋かな/石川桂郎

手に巻きみる辰雄書屋の蜘蛛の糸を/林翔

書屋あり実梅落つ音筆擱く音/松本たかし

俳句例:41句目~

書屋いま収穫の南瓜おきならべ/山口青邨

書屋のみすがしさ保つ福寿草/水原秋櫻子

見て過ぐる故人の書屋秋すだれ/亀井糸游

書屋這ふごきぶり厨追はれしか/亀井糸游

梅咲けど幹のみ見ゆる書屋かな/尾崎迷堂

取りもせぬ絲瓜垂らして書屋かな/高浜虚子

菩提樹の花のこぼるる蘆花書屋/小野千枝子

セル軽し書屋を出でぬ一日あり/深川正一郎

聴禽書屋いまも囀りほしいまま/北市かおる

ががんぼや老いて臥所も書屋裡に/皆吉爽雨

色鳥の来てわが書屋のぞき去る/深川正一郎

左千夫書屋落葉あらしが使ひ切る/吉田紫乃

書屋の灯洩らすべからず夜警過ぐ/岸風三楼

わが書屋破魔矢をさしてととのひぬ/岩崎照子

ものゝ芽の光りあつめて書屋の扉/金子せん女

此の書屋美しと定まる破魔矢かな/阿波野青畝

芥子播いて入りし書屋のすでに暮れ/亀井糸游

タイトルとURLをコピーしました