盆灯籠を使用した俳句

盆灯籠に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

盆灯籠を含む俳句例

新盆の灯籠高し昼の雨/岩田諒

盆二日過て出来たる灯籠哉/一差

奥の間の盆灯籠の氷めく/辻桃子

一つづつ届きて三つ盆灯籠/杉本零

唐盆の燈籠つくり簷深に/小林康治

盆灯籠ともす一事に生き残る/照子

秋草の廻り出したり盆灯籠/平間裕子

盆燈籠ずらりと島の雑貨店/清崎敏郎

盆迄は秋なき門の灯籠かな/服部嵐雪

盆燈籠花のすかしの昼白く/高井北杜

盆燈籠ともす母の手漂へり/中尾杏子

盆灯籠置く墓草のまつ青な/佐野良太

海人が家の燈籠暗し盆の月/藤野古白

盆の月暫し燈籠と重なりぬ/富安風生

炎天の田の隅に吊り盆燈籠/小林康治

山墓の枝につられし盆燈籠/飯田蛇笏

山賎や用意かしこき盆燈籠/飯田蛇笏

膝頭冷えて更けたり盆燈籠/富田木歩

たたむとき盆灯籠の息洩るる/中嶋秀子

オホツクに臨める家の盆燈籠/野村泊月

俳句例:21句目~

亡父喜ばん盆燈籠がみな灯り/相馬遷子

墓の樹の夜雨にぬるる盆燈籠/飯田蛇笏

子のための盆灯籠は居間に吊る/森白象

孤つ家の桐葉がくりに盆燈籠/飯田蛇笏

家のうちのあはれあらはに盆燈籠/風生

汝が為に盆燈籠を買はんとは/高橋一秋

消すまでの一つを売りて盆燈籠/神蔵器

灯籠に盆狂言の灯が入りぬ/水原秋桜子

燈籠に盆狂言の灯が入りぬ/水原秋櫻子

海人老いて盆灯籠に灯を点す/芦田一枝

盆灯籠あるだけ灯しなほ淋し/藤原節子

盆灯籠ともし佃の路地に老ゆ/久保方子

盆灯籠消して二合の酒を継ぐ/巌谷小波

盆灯籠遺影は在の産科医たり/高澤良一

盆燈籠ともす一事に生き残る/角川照子

盆燈籠ともりて白き裾垂らす/右城暮石

盆燈籠真白き房に風見えて/高橋淡路女

盆燈籠の搖れ揃はず搖れ/安斎櫻カイ子

盆燈籠姑の小部屋に姑のこゑ/大石悦子

盆燈籠師が供へしを真中にし/茂里正治

俳句例:41句目~

盆燈籠母在りし日は母の間に/二宮貢作

遺されし母子みづいろ盆燈籠/中嶋秀子

盆燈籠眠りに落ちて坐りゐる/鈴木花蓑

うすうすと裾汚れたる盆燈籠/右城暮石

盆灯籠くぐりじやんがら列正す/鈴木夢亭

田舟より盆燈籠の下ろさるる/今井杏太郎

盆燈籠流す浮世の義理のせて/保坂加津夫

ひとつ家の桐の葉がくり盆燈籠/飯田蛇笏

盆燈籠風立てば人うつろへり/福田甲子雄

あまた賜ぶ盆燈籠のかなしけれ/巌谷小波

盆灯籠ともせば訪ふ人のあり/柴田白葉女

盆燈籠あやふきいろに点りたる/鷲谷七菜子

母に吊る盆燈籠を消さじとぞ/長谷川かな女

消さむとしおのが息の香盆燈籠/加倉井秋を

ま白さのどこより触れむ盆燈籠/加倉井秋を

ぬれ縁をわづかに照らし盆燈籠/今井つる女

盆燈籠の下ひと夜を過ごし故里立つ/尾崎放哉

盆燈籠よわが酔ひしれて寝るまでなり/小澤碧童

沖にゆく盆燈籠の長き影くやしき生を人は流るる/武川忠一

タイトルとURLをコピーしました