野風を使用した俳句

野風に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

野風を含む俳句例

月更て朧の底の野風哉/炭太祇

野の風や蟷螂生る雷神/島田五空

ふし漬の水に集る野風哉/松瀬青々

野の風や小松が上も尾花咲く/太祇

野の風に念仏申し秋遍路/佐野八洲

御田植の酒の泡ふく野風かな/白雄

藪入の脛おしかくす野風かな/几董

野風ふく室町がしら初時雨/高井几董

高原の列車花野の風運ぶ/近藤詩寿代

朝寒の背中吹かるゝ野風哉/正岡子規

榛の芽の銅街道野風とも/諸角せつ子

初雲雀草薙の野の風痛し/原田しずえ

竹院や野風にさます鮓の飯/松瀬青々

花にくれて首筋さむき野風かな/月渓

葛飾の野風涼しや素堂の忌/甲田苔水

末黒野の風清潔に吹き始む/嶋田麻紀

やぶ入の脛をしかくす野風哉/高井几董

狗尾草生けて野の風遠きかな/山田弘子

粕汁や野の風遠くわたる音/水原秋櫻子

墓山の松に二月の野風かな/楠目橙黄子

俳句例:21句目~

種足の野風に荒れし顔を恥づ/木津柳芽

芽吹く野の風を鞴の風となす/大石悦子

遠く来し錯覚芒野の風に/志子田花舟あ

野の風に妻恋ひゆくや萩撓む/小林康治

野の風のはづみて朝の厩出し/赤間玲子

かけまはる夢や焼野の風の音/上島鬼貫

野の風塵穢れざるもの泉のみ/栗生純夫

青麦の野の風かよふ花圃つくり/及川貞

十勝野の風まだ寒き厩出し/島田一耕史

野の風や初猟の犬すでに逸る/富田直治

吾亦紅風のなき野の風のなか/阿部誠文

末黒野の風呑んでおり大欅/熊坂てつを

剪定のすめば野風の道ひらく/稲垣みのる

雛の夜の野風をり~通ひくる/金尾梅の門

吹き亘る枯野の風の夜もすがら/石塚友二

野の風にながく憩ひて展墓かな/橋本鶏二

何の香と言へぬ花野の風匂ふ/山口喜代子

揺れ交す花野の風は四方より/今井千鶴子

野の風をひかりに変へて猫柳/佐藤冨士男

末黒野の風びしびしと自負育つ/高野力一

俳句例:41句目~

野風たつしどみの落花踏みにけり/西島麦南

しばらくは花野の風に吹かれゐる/谷中弘子

はだれ野の風むらさきに妻が来る/伊藤松風

遥かとは花野の風の湧くところ/片山由美子

野の風に追はるるごとく秋遍路/竹内貴久枝

野の風のたまゆらきこえ残る虫/秋月すが子

野の風のびようびようと蟇交るなり/有働亨

火を焚けば枯野の風のねらひけり/斎藤空華

ものの芽に野の風あらき受難節/古賀まり子

ふところに野の風溜むる夕爾の忌/永方裕子

野の風をいくつも覚えペンペン草/赤尾恵以

自転車を駆れば野の風ひかり添ふ/那須乙郎

野の風にまだなじまざる雪間草/浅田伊賀子

凧糸もつれ解く野風に立てりけり/河東碧梧桐

葬人に野風のつよき尾花かな/吉武月二郎句集

いぬふぐり覚ます野の風太穂の忌/諸角せつ子

茅花野の風に措かれてゆくばかり/八木林之介

吾亦紅には野の風のスタッカート/水田むつみ

折れそうな芭蕉がゆく野の風むらさき/山田緑光

切りためて子が持つ桔梗むらさきの色を流して野の風の中/河合恒治

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました