望むを使用した俳句

望むに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

望むを含む俳句例

鳥葬を望む女の夏帽子/大西泰世

望むべし神の滝縦一文字/岸田稚

草臥て行手を望む柳哉/正岡子規

の血凍つ天草島を望む浜/杉本寛

補陀落や滝の聳ゆる波の上/春樹

花の丘聖観音が沖望む/村中至道

上川を望み空知を厭ふ秋/斎藤玄

姫島を望み陰陽石しぐれ/穴井太

六月の雪島山はソ連領/巌谷小波

知床の連山望み砕氷船/渡辺酔美

雄国沼望む峠やうつぼ草/石原栄子

海峡を望みてすする三平汁/源鬼彦

海峡を望み腹這ふ孕み馬/立花杏葉

淑気かな盃ほどの池望み/柳田芽衣

牧場を隔てゝ望む夏の山/野村泊月

雲望む如身じろがず枝蛭/篠崎霞山

斥候の故郷望む岡見かな/正岡子規

湖望む観音坂の初しぐれ/太田由紀

望みゐし扇子役へ年玉に/片岡我当

夏帽に白雲遠く望みけり/島田青峰

俳句例:21句目~

夏帽や故郷を望む舟の中/赤木格堂

むつ五郎鰭つよく雲望む/やしま季晴

練供養二つの塔を望み来し/青木月斗

桃を得て葡萄を望む患者哉/正岡子規

浜名湖や巽に望む小春富士/鈴木花蓑

望みごと言ふはたやすく暖かし/林翔

一画家の望みに叶ふ紙を漉く/森田峠

汗の馬馬具はずされて沖望む/源鬼彦

正月や望みの高き絵馬あふれ/林民子

風だけを望む夏服ゆゑに青/櫂未知子

夕雲を望む夏書の小窓かな/渡辺波空

大和路の望みの春も暮れにけり/智月

梅遠く望みて一路平かなり/島田青峰

筏の一語北暗ければ北望み/寺山修司

むさし野に筑波を望む尾花哉/正岡子規

冬晴や加須より望む遠筑波/市野沢弘子

古墳より古墳を望む大夏野/関口ふさの

子に託す一縷の望み紙を漉く/小川翠畝

身をもたげて湖上を望む籠枕/高田蝶衣

遠足の野を望み見て歓喜かな/島田青峰

俳句例:41句目~

米寿なほ生くる望みや初山河/大塚伊勢

望むべくなくも喜寿艶梅椿/深見けん二

高麗尽きて義州を望む春の雨/正岡子規

鳥渡り明日はと望む山夏野/河東碧梧桐

蝦夷人の望む渡りの帆十分/河東碧梧桐

まなかひに月山望む目貼り剥ぐ/鈴木英子

まんさくや多摩の横山望みつつ/小松鈴子

ビヤガーデン照明青き城望む/佐野まもる

奈良女高師望みし日はも冬外套/鈴木栄子

或る朝の背伸び望みの寒ごもり/河野南畦

梅雨の音高望みして寝ねられず/奈良文夫

煉炭熾す望みなき掌と思はねど/小林康治

白寿の嶺はるかに望む更衣/細見しゆこう

霜つよし一縷の望みまだ捨てず/相馬遷子

今日ばかり望みのままに子供の日/羽村野石

寒に臨む洋を望むに似たりけり/相生垣瓜人

晩年の子に望みかけ芋茎むく/三宮/美津子

軽ろき句を望みてならず団扇かな/尾崎迷堂

野分止んで夕日の富士を望みけり/寺田寅彦

昭和終りしてふサハリンの夏望む/山本つぼみ

俳句例:61句目~

蝶とぶや此世に望みないやうに/一茶/文化六年己巳

望むらくわれに一人の若き敵一壜の古きぶだうの酒を/高橋睦郎

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました