さよりを使用した俳句

さよりに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

さよりを含む俳句例

姿よきと生れたるさより/高木晴子

青空の映れる水に針みゆ/長谷川櫂

さより釣港の音にまぎれゐる/森澄雄

光りつつ針の吻が迫り来る/白澤良子

大磯に竹揚りてしづかなり/榎本好宏

おぼろ夜や舞坂いづる針舟/水原秋櫻子

スタイルは細に優る水着かな/高澤良一

口先に紅さす旬のさより買ふ/高間礼子

地を潜り銀座の針食いにけり/高見/勝

戦さより帰りて遊ぶ暮の春/荻原井泉水

戸田人に細の揚がる海があり/高澤良一

水針が灯るやがて夜明けの音/山中葛子

海図など要らぬ漢のさより/つじ加代子

燈台を迂回してゆくさより船/新田祐久

細嬢看護婦寝起きの声掛けぬ/高澤良一

透く紙に包む針の一夜干し/松原みつこ

さより舟見つつ押すなり乳母車/野中広司

きらきらと雨は磯打つさより舟/草間時彦

冬の日のあをむところに針干す/友岡子郷

皿のさより全長五寸に揃ひけり/嶋田麻紀

俳句例:21句目~

老妻のたどたどさより糸づくり/山口青邨

蘇東坡の恋読むさより焼きし夜は/日原傅

佛蘭西の旗見えてをりさより焼く/老川敏彦

小鳴門の潮にさからふさより見ゆ/田中一発

頼りなく水を揺らしてゐるさより/佐藤鬼房

とある犬ダリヤの明るさより去れず/細谷源二

桟橋の灯にうちこゞみさより汲む/楠目橙黄子

潮の秀に乗りきてさより腑の透ける/神谷沙子

笹橋の灯にうちこゞみさより汲む/楠目橙黄子

さより食ふ耳きよらかにありにけり/和田耕三郎

人わけてきらめくさより買ひにけり/石田あき子

くちびるは柔らかきゆえ罪深し針の銀の細身を好む/松平盟子

嘴紅きさより幾つか釣りあげて朝の岸壁に少年は無口/鈴木英夫

タイトルとURLをコピーしました