命惜しを使用した俳句

命惜しに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

命惜しを含む俳句例

食積に命惜しまむ志/石田波郷

命惜し命惜しとて鉦叩/稲畑汀子

先人も惜みし命二日灸/高濱虚子

惜命や八十八夜洗ひ髪/坂巻純子

春惜み命惜みて共にあり/星野立子

賀状みな命惜めと諭しをり/岡本眸

老婆病み命を惜む田植季/相馬遷子

一杖に命惜しみて年守る/巌谷小波

是でこそ命惜しけれ山ざくら/智月

命惜し声を限りの秋の蝉/高橋良子

春惜しむ心と別に命愛し/富安風生

惜命の歩みを刻む芝遅日/富安風生

あきらめし命なほ惜し冬茜/相馬遷子

春惜むすなはち命惜むなり/石塚友二

木瓜の花赫く溢れよ命惜し/関ただお

じだらくに命惜しまむ新生姜/森澄雄

七夕竹惜命の文字隠れなし/石田波郷

不惜身命なれど惜命放生会/村上義長

二尺余の鯉閑かなり惜命忌/平岩弘子

袷着てすが~しさよ命惜し/富安風生

俳句例:21句目~

雛飾りつゝふと命惜きかな/星野立子

韮雑炊命惜しまん気も少し/大石悦子

惜命や夜のつくしの胞子吐く/神蔵器

命惜しまむ冷麦のうまかりし/森澄雄

拾ひ得し命を惜しむ火燵哉/寺田寅彦

実梅落つ命惜しくも思ふなり/高木晴子

山門を入り惜命の汗を拭く/北見さとる

二日灸命惜しむにあらねども/藤本静子

厳寒の命惜めとのたまひし/山口水士英

春惜しみ命惜しみて共にあり/星野立子

山茶花の累ねの白や惜命忌/星野麥丘人

春落葉さはさりながら命惜し/富安風生

竹瓮上げ沼道濡らす惜命忌/町田しげき

風鈴に吊る惜命の波郷の句/冨田みのる

惜命や残り葉の方夕焼けをり/巌谷小波

夜寒しと言うて命を惜むなり/後藤夜半

植替へし一樹根づきぬ惜命忌/肥田埜勝美

年惜しむ命惜しまぬときありし/小出秋光

春惜しむすなはち命惜しむなり/石塚友二

命惜しまむ寒の弱日に縋りても/小林康治

俳句例:41句目~

命惜しむ如葉生姜を買ひて提ぐ/石田波郷

咲き満ちし花の命を惜しみけり/川口咲子

手放しに命は惜しめ寒波来る/殿村菟絲子

餅に海苔餅に黄な粉や命惜し/越高飛騨男

空さむく惜命の句の響きけり/下村ひろし

惜命といふいくぢなき朝寝かな/西本一都

花惜しむ命惜しむに似たるかな/立石萠木

萩刈りしのみの日を溜め惜命忌/小林康治

着ぶくれて老の命を惜しむなり/富安風生

かなかなやつくづく命惜しきかな/井上哲王

惜命ならぬ惜名や散る山ざくら/中村草田男

着ぶくれてちつとも惜しくない命/菖蒲あや

枇杷を剥く十指濡らして命惜し/加倉井秋を

露しぐれ詩より命を惜しむ日も/鍵和田釉子

惜命の一と日一と日の滑子汁/長谷川かな女

命惜しむ梅酒を徐々に飲み減らし/白石蒼羽

命惜しと思ふこの頃門火焚く/阿部みどり女

おーいおーい命惜しめといふ山彦/高柳重信

命惜しつくづくと惜しつくつくし/伊丹三樹彦

消ゆる灯の命を惜しみ牡礪を食ふ/水原秋櫻子

俳句例:61句目~

螻蛄鳴くや命惜しとも要らぬとも/文挟夫佐恵

タイトルとURLをコピーしました