旅路を使用した俳句

旅路に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

旅路を含む俳句例

等閑に菫見て行く旅路哉/正岡子規

灌仏を覗いて通る旅路哉/正岡子規

旅路いま夏暁の月による/田中裕明

鯨突に通り合せし旅路哉/正岡子規

わが旅路豊かに渡り来し鴨よ/汀子

一日の旅路しるきや蝸牛/正岡子規

冬山を窓に心の旅路かな/京極杞陽

卒爾なる雲も出でけり秋の旅/路通

あした行く旅路の梦や草枕/正岡子規

秋の雨小さな旅路濡らしけり/塙告冬

枕香の梅をみよとの旅路かな/炭太祇

潮騒に近き旅路やくぢら汁/鈴木興治

島の大鯛得たり旅路来て/水原秋櫻子

雲間に秋雪みゆる旅路かな/飯田蛇笏

阿国忌や旅路の中の杉並木/北野民夫

通勤も旅路なるべし翁の忌/岩崎照子

五月雨や五里の旅路の桑畠/正岡子規

菜の花や旅路に古りし紺絣/沢木欣一

冬鴎燈台ひとつに遠旅路/百合山羽公

花にあけ月にくれ行旅路哉/正岡子規

俳句例:21句目~

半分は夜に入る秋の旅路哉/正岡子規

立春の陽の遠くある旅路かな/飯田龍太

蝦夷松の秋風高き旅路かな/水田むつみ

ひさびさの旅路草家の干布団/太田鴻村

見初ると日々に蝶みる旅路かな/炭太祇

道迷ふことも旅路よ芥子の花/稲畑汀子

乾坤の紅葉ならざるなき旅路/稲畑汀子

御旅路も女神まじれば賑しき/高田蝶衣

折からの木曽の旅路を五月雨/正岡子規

教会をよろこぶ避暑の旅路かな/森田峠

道づれは胡蝶をたのむ旅路哉/正岡子規

水飯を君にすゝむる旅路かな/正岡子規

知らぬ野を通る旅路や雉の声/正岡子規

旅路来て綿紡ぐてふわざに佇つ/富安風生

折りもをり岐岨の旅路を五月雨/正岡子規

急ぐにもあらぬ旅路の花野かな/野村泊月

引く鶴に人に旅路といふがあり/柏井幸子

亡父と逢ふ母の旅路や絽の帯を/渡辺恭子

蝦夷の神雁に乗り来し旅路かな/野村喜舟

月今宵旅路いづこに泊つるとも/稲畑汀子

俳句例:41句目~

やまざとの瀬にそふ旅路秋の雨/飯田蛇笏

旅路の一処暗めて金木犀こぼる/岡田海市

七夕竹流すに出逢ふ旅路かな/高橋淡路女

雪解の待たるる旅路ありにけり/稲畑汀子

わが旅路こゝより能登や桃の花/高濱年尾

鹿に乗る神もまします旅路かな/高浜虚子

しらぬ旅路に日は落ちかけて行行子/中勘助

梅雨めくや人にまさをき旅路あり/相馬遷子

明日の旅路見つゝ行く夜の長さ哉/正岡子規

合歓の花がつづる旅路や子の睫毛/細見綾子

冷凍みかん齧り旅路の汽車ぽっぽ/高澤良一

花追うて追うて旅路のあることを/稲畑汀子

旅路なれば残るいちごを参らせん/正岡子規

バス待つは旅路の余白花サビタ/岩淵喜代子

わが旅路たばこの花に潮ぐもり/阿波野青畝

そこつなる雲こそ出づれ夏の旅/路通「翁草」

みちのくの雪の旅路を温泉にひとひ/高濱年尾

流灯のつらなり行くも旅路かな/きくちつねこ

日焼せし旅路のあとのなつかしく/文箭もと女

木蓮の陽に酔い驢馬のような旅路/吉田透思朗

俳句例:61句目~

ひとりゆく君が旅路に愛でまさむ山の嫉まし海の嫉まし/蒔田さくら子

タイトルとURLをコピーしました