暗転を使用した俳句

暗転に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

暗転を含む俳句例

暗転に投入れ替る夏芝居/中村房子

暗転に人影うごく秋意かな/内田美紗

暗転へまた裏方の咳聞こゆ/幡谷東吾

月蝕の暗転にある端居かな/山田弘子

殺し場の暗転ながき夏芝居/大堀柊花

ししうどの花横なぐり霧暗転/高澤良一

暗転し都をどりは茶を摘める/亀井糸游

暗転といふしじまあり初芝居/中/享子

道おしえ消えて行方の暗転す/角田双柿

蝌蚪暗転だぶだぶと沼の水溢れ/河野南畦

暗転や貂のみちより暁けの栗鼠/平井さち子

松の立ち木を朧に舞台暗転す/長谷川かな女

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました