提灯を使用した俳句

提灯に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

提灯を含む俳句例

提灯屋大小提灯春灯/上野泰

暁の提灯暗き初荷かな/鳴雪

宗紋の提灯点る十夜寺/久保寥

提灯の短冊赤し山桜/正岡子規

虫啼や河内通ひの小提灯/蕪村

提灯に己の影や寒詣/野村喜舟

薪能僧の提灯東大寺/岡本松浜

春暁の提灯消すや町近く/篠原

鍋焼の提灯赤き港町/岡安迷子

提灯の出迎へ頼み五月雨/上野泰

提灯で大仏見るや時鳥/正岡子規

叡山へ提灯通ふ夜長哉/正岡子規

艸原や提灯行くに虫すだく/一茶

荻吹くや提灯人を待つ久し/虚子

駅裏や霙に灯る小提灯/大坪秀生

舳なる提灯躍る月の面/野村泊月

節分の提灯下げて寺男/松藤夏山

墓原の提灯白し秋の風/正岡子規

鵲の橋や浮世の小提灯/星野麦人

稻妻や提灯多き野邊送/正岡子規

俳句例:21句目~

稲妻や提灯多き野辺送/正岡子規

両側の紅提灯や花の雨/野村泊月

提灯を返せ返せと時鳥/正岡子規

提灯を螢が襲ふ谷を来り/原石鼎

太秦で提灯買ふや桜狩/高浜虚子

今貸した提灯の灯や草の露/几董

夷講近づく提灯櫓組む/山本馬句

提灯の紋の葵や十夜寺/河野静雲

川甚の青き提燈獺祭忌/田中冬二

牛迎ふ提灯ひとつ牛祭/太田穂酔

水鳥や挑灯ひとつ城を出る/蕪村

挑灯の次第に遠し時鳥/正岡子規

挑灯の厠へ通ふ夜寒哉/正岡子規

蜆屋に提燈が出て春祭/綾部仁喜

挑灯に水菜揃へる冬夜かな/許六

挑灯で若鮎を売る光かな/炭太祇

万灯の提灯持はご住職/高澤良一

山茶花や移徒客の小挑灯/多代女

提灯に我影さむし寒詣/田中王城

高野山祭提灯にも梵字/稲垣芳子

俳句例:41句目~

宵祭提灯支度の大正台/高澤良一

提灯に案山子が映る別かな/漾人

家根舟の提灯多し朧月/正岡子規

浪化忌や提灯連れに秋時雨/篠原

寂滅のふぐ提燈に光あり/中勘助

提灯の紅はげる若葉哉/正岡子規

松風や紅提灯も秋隣/芥川龍之介

冬枯や提灯走る一の谷/正岡子規

凩に大提灯の静かさよ/正岡子規

客ありて筍掘の小提灯/高野素十

釣具店祭提灯戦がせて/高澤良一

薪能座の提灯の高掲げ/塩川雄三

初観音大提灯の下歩む/大脇芳子

提灯の水に泛べる螢狩/飯田蛇笏

葬禮の提灯多し冬の月/正岡子規

勧進の白提灯も寒の内/館岡沙緻

提灯に蹤きふるさとの初詣/杉本寛

茶屋を出る箱提灯や朧人/正岡子規

花会式迎へ提灯僧てらす/田中菅子

連なれる紅提灯の烏瓜/山口波津女

俳句例:61句目~

提灯に海を照らして踊かな/原月舟

うぶすなは提灯だけの秋祭/飴山實

竿燈の提灯四十六しなふ/猿山木魂

提灯に浪おそろしや浦千鳥/原石鼎

秋雨や古提灯のかげ祭/高橋淡路女

秋出水提灯つけて家高し/清原枴童

祭なり暗き提灯黍にかけ/木村蕪城

百聯の提灯ゆくよ魂送り/三橋鷹女

町中に提灯を吊り白秋祭/井山幸子

無提灯で枯野を通る寒哉/夏目漱石

点りたる鉾提灯に雨上る/西村和子

提灯に死馬恐しや冬の夜/河野静雲

源五郎提灯漁の灯をおそふ/原好郎

七福神へ提灯連ね年用意/山田節子

五百提灯屋台の後後から/高澤良一

庄屋殿の提灯遠し雁の聲/正岡子規

提灯で花の山道下りける/松瀬青々

提灯にへだてられつゝ初詣/瀧春一

神葭流し澪標にも白提燈/佐野美智

克明に提灯うつる冬の水/山口誓子

俳句例:81句目~

水口に置く提灯や夜水番/西山泊雲

冬の月提灯つりて道具市/松瀬青々

母人に提灯提げぬ十夜道/矢田挿雲

梟首なり西瓜提灯日数経て/坂井建

初芝居御用提灯揺れて幕/大島民郎

初鐘や提灯ともる楼の上/荒川笋荘

抱き畫く大提灯や祭人/松本たかし

果てし夏河豚提灯は海へ蹴り/原裕

板敷に提燈おきぬ夜寒人/田中冬二

春雪や提灯ふつて荷宰領/橋本鶏二

新しき大提灯や菊供養/飯田きよし

夏の月提灯多きちまた哉/正岡子規

挿絵めく赤提灯や酉の市/高澤良一

提灯にばさと夜蝉や迎鐘/谷川朱朗

宿の名の迎へ提灯遠蛙/稲垣きくの

電柱に提灯かかげ秋出水/田中冬二

雨あがり祭提灯出揃ひぬ/吉屋信子

追憶のいろは水色盆提灯/石川文子

挑灯のひかりにまじる霙かな/信徳

門溝に提灯うつり十夜寺/河野静雲

タイトルとURLをコピーしました