女体を使用した俳句

女体に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

女体を含む俳句例

茫洋と女体ぞ厚き大南風/林翔

女体とは苦き米なり朧月/攝津幸彦

船団も女体も何も信長忌/攝津幸彦

磧湯の女体の遠き葛の雨/遠藤梧逸

新秋や女体かがやき夢了る/金子兜太

色鳥や女体へ続くぶな林/小川斉東語

女体在り冬に春在り男在り/永田耕衣

女体山より粧ひの始まれり/山本桂仙

汐汲みの女体になだれうつ力/三谷昭

黄落や女体に似たる弦楽器/古橋成光

月の出や女体土偶の身籠れる/辻美奈子

灯を消して女体の奥の月明り/出口善子

炎天の女体アパートヘ一筋道/野澤節子

ねじ花の腐れ間長き女体かな/永田耕衣

炎天の空へ吾妻の女体恋ふ/中村草田男

熊笹を女体へ下るあたたかき/太田鴻村

秋ふかき砂丘女体の円さもち/伊東宏晃

秘仏とは女体なるべし稲の花/佐藤鬼房

稲を刈る夜はしらたまの女体にて/静塔

夜鴨聴く女体白木の湯に沈め/吉野義子

俳句例:21句目~

大鮟鱇触つてみれば女体かな/矢島渚男

紙簀桁横揺れ縦揺れ女体揺れ/吉野義子

女体とは揺れ異なれる櫻かな/小林貴子

女体なき夏山発破岩焦がす/榎本冬一郎

普陀落の大鰤なれば女体めく/宮武寒々

蝗追ふ女体ふはりと川越える/鈴木石夫

髪洗ふ女体限界まで曲げて/竹中碧水史

石仏に女体のくぼみ青秩父/河野多希女

女体図をぶらさげ神の山眠る/白澤良子

女体透く岩湯に楡のあおければ/三谷昭

揺るゝ燈に梵字の女体五月闇/宮武寒々

十二時の睡蓮女体ゆるうして/保尾胖子

えぶり棒雪の女体を突きにけり/沢木欣一

ちちろ虫女体の記憶よみがへる/日野草城

ひびわれる女体の背中が海鳴り/小橋啓生

冬日没る金色の女体かき抱かれ/山口誓子

女体には芯のありしか花疲れ/服部くらら

女体より出でて真葛原に立つ/高野ムツオ

撫で切りの秋風を我が女体とす/永田耕衣

抱きこめば女体虚空の匂いのみ/永田耕衣

俳句例:41句目~

斑の鹿に指かませゐて女体恋ふ/川口重美

寒垢離の水が女体を打つて火に/山下半夏

芍薬を嗅げば女体となりゐたり/山口誓子

茶の花を詠ひて女体おとろふる/下村槐太

てのひらの鮎を女体のごとく観る/沢木欣一

女体冷ゆ仕入れしのそれよりも/鈴木真砂女

紙追ふと伸べし女体の脾のあたり/下村槐太

室のうど女体のごとく抱いて出る/太田/翠

離春期の女体とならび丘に燃え/岡崎北巣子

牡丹は女体をとこら眸をそらせ/稲垣きくの

牡蠣割女かきは女体の青さもつ/日垣四月子

夜汽車きて音なく止まる女体かな/高橋比呂子

女体とはかかる牡丹の吹かれざま/稲垣きくの

田を植えし女体を風呂の火が染める/大井雅人

痩せて汗疹女体てふにはほど遠し/中島みさを

栗鼠となる女体若葉を駈けのぼる/柴田白葉女

燐寸が燃やした束の間の女体の嵩/林田紀音夫

阿修羅の鵜女体とききしあはれさよ/渡辺桂子

シャガールの青闇/真闇/蛇/女体/小檜山繁子

夏の風吹くとき女体幽みけり/窪田玲女「花筺」

俳句例:61句目~

女体の奥鳴りいだすごとく羽子を打つ/加藤楸邨

炎昼の女体のふかさはかられず/加藤楸邨「野哭」

涼しさや何にほほゑむ女体仏/加藤楸邨「沙漠の鶴」

海岸線を女体と思ふ一瞬を地図に見て旅組みてゆくかな/黒瀬珂瀾

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました