冷凍を使用した俳句

冷凍に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

冷凍を含む俳句例

霧の駅冷凍のひきずられ/中拓夫

冷凍の肉の一塊年を越す/池田秀水

凩や切りて血も出ぬ冷凍/浅見さよ

冷凍烏賊溶ける暗闇浅沼忌/加藤三陽

冷凍古びつづける花ぐもり/池田澄子

冷凍鞄に革命と踏絵憶う夏/赤尾兜子

秋暁を牽くくろがねの冷凍/奈良文夫

鮪の血冷凍ゆるみ流れだす/津田清子

これやこの旬のさんまも冷凍/石塚友二

冷凍酒旅にしあれば妻ものむ/森川暁水

無花果爛熟冷凍鯨肉半ば溶け/吉野義子

冷凍車車輪のひまに泡立つ海/田川飛旅子

寒の水打ち冷凍の烏賊はがす/小川原嘘帥

冷凍みかん齧り旅路の汽車ぽっぽ/高澤良一

冷凍庫に入れ置くものや二月尽/鈴木真砂女

冷凍みかん溶けゆく郷愁宴あと/鍵和田ゆう子

タイトルとURLをコピーしました