薄日を使用した俳句

薄日に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

薄日を含む俳句例

薄日とは美しきもの帰り花/夜半

西山の薄日にほすや張火桶/梅室

角巻や怒濤の窪に薄日射し/有働亨

捨雛に薄日かげろふ山鴉/木村蕪城

秋川を黒犬游ぐ薄日かな/内田百間

栗飯や越後の薄日茫々と/広瀬直人

南天の花の薄日に水見舞/中村汀女

薄日射す北山杉の冬構へ/春原幸子

杖突の薄日さびしみ谷辛夷/下田稔

薄日さす障子の外に冬仕度/田中冬二

ねむりつぎ薄日ふたたび蝸牛/桂信子

薄日して梅雨ふる海の村に来ぬ/篠原

薄日とは美しきもの帰り花/後藤夜半

蝉なくや袖に射し入る夕薄日/桂信子

蟻の道薄日しみ~さしにけり/林之助

谷川にうつろふ薄日吊し柿/松村蒼石

佗助の落花薄日と共に掃く/湯本明子

元朝の薄日黄ろき大路かな/内田百間

枇杷の花薄日さす寺の古疊/鵜沢四丁

枯菊をつつむ薄日の情かな/今泉貞鳳

俳句例:21句目~

薄日とは余命にも似て枯芒/中村田人

花過ぎの薄日にねむる山祠/有泉七種

啓蟄の霰しまくに薄日浮く/松村蒼石

薄日さし荒野荒海大寒なり/福田蓼汀

寒雀に榻静かなる薄日かな/島田青峰

仲秋の古利根薄日さしわたり/松村蒼石

蒲の穂やたまたま遠き薄日射/北原白秋

わた虫と老人薄日さりげなく/松村蒼石

鴨眠る榛の根方の薄日なる/小島千架子

五裂して喘息煙草薄日差す/佐々木六戈

変な岩を霰が打つて薄日さす/西東三鬼

海芋咲き薄日まぶしき渚なる/小林信子

着ゆるめて黐の花降る薄日かな/渋谷道

初薬師小雪のあとの薄日ざし/徳田林泉

十一月の薄日の影を横切った/高橋信之

秋蒔にひねもす薄日奥吉野/大峯あきら

蝸牛竹下り了せし草薄日/阿部みどり女

紅梅や薄日がさせば顔上げて/岸本尚毅

舟虫の失せて薄日を残しけり/角川照子

曇りつつ薄日映えつつ達磨市/石田波郷

俳句例:41句目~

野のたむろ薄日は人も枯れしむる/林翔

田水張る椀に卵黄張る出羽薄日/渋谷道

黄落の薄日だまりに波郷佛/下村ひろし

萍に梅雨の薄日のさして消ゆ/遠藤梧逸

初つばめ薄日にくもる海を来ぬ/粳間ふみ

年つまる先師の句碑に薄日さし/三谷貞雄

思ひどほりに薄日の当る雪の岸/飯島晴子

薄日さしをり抱卵の海猫無数/今井杏太郎

淡路忌の薄日つまづく己が影/柴田白葉女

松風をききゐる蝌蚪の薄日かな/松村蒼石

鬼城忌や蜂の古巣に薄日射す/下川まさじ

鮠食うてしろがね瞼薄日射す/小檜山繁子

粟打つや薄日に木槌痩するまで/高井北杜

まんさくは薄日の力溜めて咲く/柴田白葉女

主峰いづれ雪のこやみに薄日さし/福田蓼汀

凍蝶になまじ薄日のさしにけり/成瀬桜桃子

たかんなの竹のひまさす薄日かな/石川桂郎

滝なかに滝の見えゐる薄日かな/鳥居おさむ

海苔採りの遠きしぐさや薄日中/成瀬桜桃子

枇杷の花ひまなく薄日ぬすみけり/松村蒼石

俳句例:61句目~

薄日して松にたましい降りしきる/和田悟朗

江の濁り澄み行く薄日花藻かな/石島雉子郎

雲間よりクロユリの葉に射す薄日/高澤良一

風花や薄日さしつゝまだ降れる/長谷川零餘子

机辺やや物かげめかす薄日寒む/飛鳥田れい無公

温泉を出でし身にさす秋の薄日かな/成瀬正とし

故旧忘れ得べきやメーデーあとの薄日焼/古沢太穂

タイトルとURLをコピーしました