荒野を使用した俳句

荒野に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

荒野を含む俳句例

稲妻や荒野の果の一軒屋/寺田寅彦

荒野から一目散に風戻る/岩尾可見

花苺荒野の土も湿りたる/小川敏子

月明の喝采を聞く荒野かな/高澤晶子

鷹匠の鷹はなしたる荒野哉/正岡子規

鍵束のそばの荒野で眠りおつ/岡宣子

初雁や荒野の真中水たたへ/宇和井聖

薄日さし荒野荒海大寒なり/福田蓼汀

白瞑の自伝の荒野雪が降る/深谷雉大

外套の胸の底まで荒野かな/草間時彦

暮れなづむ荒野をともす烏瓜/土屋/啓

この少女宙の荒野より来りしか/須藤徹

枕木を憶えばしずかなる荒野/斎藤康子

槍放ちけり荒野のはての王国へ/須藤徹

池乾して荒野のごとし蟻の列/古舘曹人

流さるる雛海にも荒野あり/藤井冨美子

鎌漏れて荒野にたつや梅の花/浜田酒堂

聖書いま荒野の章に紙もをり/井沢正江

眠る男の荒野へゆかん月明り/高澤晶子

荒野原いつも吹きをり秋の風/高木晴子

俳句例:21句目~

荒野原小さきすゝきと吾亦紅/高木晴子

荒野深く実生の松の冬凪ぎぬ/渡邊水巴

荒野菊身の穴穴に挿して行く/永田耕衣

雨はれて荒野の桔梗夕日照る/正岡子規

吹雪に蓋しても荒野続くだけ/櫂未知子

夜濯ぎの母が荒野へ耳ひらく/藤田守啓

いのちいま荒野野菊と花あそび/花谷和子

てのひらの荒野を立てるてんと虫/須藤徹

てのひらの荒野卯の花腐しかな/池田澄子

とんかつの荒野が口にある遅日/大石雄鬼

ひもすがら駆け来し荒野天の川/上崎暮潮

熔岩群れて荒野に怒り充つる冬/宮津昭彦

稲妻の荒野十戒をつぶやきぬ/九鬼あきゑ

オーバーの裏側にある荒野かな/櫂未知子

蒲の穂をユタの荒野に見とどけぬ/原田喬

テーブルの荒野まん丸蜜柑匂う/野口哲陽

ラグビーの影や荒野の声を負い/寺山修司

蕗の薹母の荒野にとく出でよ/肥田埜勝美

立つところいづこも荒野寒の入/伊藤通明

雲雀翔つ荒野の光り尋めゆきぬ/内藤吐天

俳句例:41句目~

膝抱きて荒野に似たる年忘れ/山田みづえ

電気毛布の中の荒野を父さまよふ/林朋子

青空と荒野を愛し子を抱かず/津沢マサ子

爛々と鷹の見据うる荒れ野かな/平澤澄子

荒野より声す向日葵播きをれば/齋藤愼爾

ほそぼそと荒野の石も芽ぐみけり/室生犀星

オートバイ荒野の雲雀弾き出す/上田五千石

テーブルの上の荒野へ百語の雨季/寺山修司

手が足が伸びて荒野に五月くる/津沢マサ子

荒野なるこゑの罅入る柘榴の実/小檜山繁子

初弥撒や荒野へかへるみそさざい/加藤楸邨

目つむりて荒野に曼珠沙華咲かす/目迫秩父

追いおわれ荒野の石になった雲/津沢マサ子

気がついたときは荒野の蝿だった/津沢マサ子

泣きながら責めたる母の荒野かな/津沢マサ子

十薬の蕊高くわが荒野なり/飯島晴子「儚々」

荒れ野焼くあなたが先に火を付けた/櫂未知子

火の空の荒野に絵らふそくなど立てるな/小川双々子

火蛾落ちて机の上の荒野かな/遠山陽子「高きに登る」

一粒の向日葵の種まきしのみに荒野をわれの処女地と呼びき/寺山修司

俳句例:61句目~

よだかの星彼方に光る荒野にて他者食わず生きる生などありや/小川太郎

ラ/マンチャの荒野の古城の今日の泊り遠く夜は寄す沈む日ののち/近藤芳美

荒れ野ひとつ精神にひろがる酔ひ醒めやしばらく俺は荒れ野に遊ぶ/島田修三

タイトルとURLをコピーしました