故里を使用した俳句

故里に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

故里を含む俳句例

佇つ人に故里遠し浮寝鳥/風生

故里の入口寒し亂塔場/正岡子規

暗闇に故里訛富士詣/吉村あい子

笹鳴やけふ故里にある思ひ/篠原

春暁の夢の土橋の故里よ/高柳重信

恵方道故里人と話しつれ/富安風生

故里の厠の貧し李咲く/瀧澤伊代次

天井の低き故里千鳥鳴く/小田泰枝

故里に帰りし女芹を摘む/真柄嘉子

猪肉の包み大事に故里人/細見綾子

故里の人を思へば霰降る/会津八一

故里の河口越冬つばめかな/内田郁代

故里は母ありてこそ猫柳/長谷川満子

母ありてこその故里春の雁/藤田正聲

母と住む此処が故里稲の花/三谷スミ

故里の青嶺さびたり鰻食ふ/細見綾子

故里をぶら~歩く金盞花/真田三裕紀

子にうつす故里なまり衣被/石橋秀野

花人として故里にある一日/山田弘子

山鳩のみ故里の声つまびらか/林薫子

俳句例:21句目~

故里は火を点したる夜寒哉/寺田寅彦

故里にしばらく菊の奴かな/野村泊月

故里へ近づく鰊ぐもりかな/高岸藤渓

故里や六年ぶりの風呂の秋/寺田寅彦

故里や稲妻がして早寝せり/細見綾子

故里の人や汗して菜飯食ふ/細見綾子

故里や蝉の聲しむ母の骨/栗林一石路

故里の夢麦秋の汽車に覚む/橋本喜夫

故里は子規の松山つくつくし/川崎祥子

故里は今も無医村冬ぬくし/坂本登美子

汗引いて山河やうやく故里ぞ/皆吉爽雨

年の暮故里に身をゆるめたる/細見綾子

故里に禰宜とし帰る夏帽子/石川冨美子

故里の何処を向いても冬銀河/東濃幸子

故里の粟餅を焼き老いんとす/細見綾子

故里の深雪に吾子を旅発たす/山田弘子

母病むと訪ふ故里や羽蟻の夜/山田弘子

甘草の芽の出し土橋故里に/瀧澤伊代次

故里の野の香炊き上げ嫁菜飯/山田弘子

女の履歴書に故里の川がある/鹿山末広

俳句例:41句目~

芹摘んで故里とほき齢かな/望月たかし

苗木植う故里の山踏みしめて/川崎俊子

いまだ見ぬ夫の故里黄沙降る/豊田美奈子

ゐのこづち故里に来てただ睡し/中村苑子

墓参せし夜の雨音の故里に寝る/大橋裸木

故里につながる蜜柑ころがれり/村越化石

故里に声なき昼やもつれあい/津沢マサ子

故里の蚊の声あまし酒をくむ/瀧澤伊代次

故里を語らばや蝌蚪生るゝなど/細見綾子

日貼剥ぐや故里の川鳴りをらむ/村越化石

故里の銀漢小さくなりにけり/瀧澤伊代次

田螺生るわが故里の津守かな/柴田きよ子

目貼剥ぐや故里の川鳴りをらむ/村越化石

老の身に故里ありて栗とどく/松本つや女

藁塚ごとに藁塚の影あり故里は/藤岡筑邨

霧こめた野に泣くところ故里は/竹屋敦子

馬屋見れば故里遠し合歓の花/瀧澤伊代次

ここ故里のひととこの眠り草かな/大橋裸木

草の穂をぬいて故里見てありく/瀧澤伊代次

夕陽ひろびろ我が故里は麦蒔かれ/木村緑平

俳句例:61句目~

故里を発つ汽車にあり盆の月/竹下しづの女

故里や打てば炎えたつしびと花/河原枇杷男

盆燈籠の下ひと夜を過ごし故里立つ/尾崎放哉

寒ン晴れの故里に戻り芋粥に喉やく/大橋裸木

故里や家失せてうちむらさきの樹も/二宮貢作

白髪すいて故里ばかりがとおくなる/中谷みさを

雀の声の故里のそこここへ土産を分ける/大橋裸木

麦の夜風のなまぬくき故里へ病んで戻る/大橋裸木

タイトルとURLをコピーしました