砂浜を使用した俳句

砂浜に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

砂浜を含む俳句例

砂浜や心元なき冬構/夏目漱石

砂浜に人の影生む恵方みち/原裕

砂浜に続く砂畑貝割菜/茨木和生

春暁の砂浜あれば足跡あり/篠原

砂浜の太極拳や松涼し/武田久子

砂浜へ恋の身投の蛍烏賊/船平晩秋

砂浜に雫おとさず鰈干す/松村蒼石

砂浜に足跡長き春日かな/正岡子規

砂浜の長しと思ふ秋の浜/秋山花笠

砂浜に落ちて砂噛む奴凧/高澤良一

遠足の列砂浜に広がりし/橋本遊子

砂浜に子供逆立ち海女沈み/上野泰

警官と話し砂浜ふぐの腹/駒志津子

砂浜の砂あたたかき粟筵/中村汀女

蘆刈や砂浜に川の白きみち/中拓夫

砂浜や松折りくべて蒸鰈/内藤鳴雪

砂浜の干麦洗ふ夕立かな/石島雉子郎

砂浜の砂は貝なり崎の春/山形与志樹

砂浜や何に火を焚く夏の月/正岡子規

やませ来る砂浜に聞く砂の音/松本久

俳句例:21句目~

一波に消ゆる書初め砂浜に/西東三鬼

六月の砂浜に逢ふ人もなく/星野高士

山車曲る砂浜の砂ゑぐりつつ/波津女

敬老の日の砂浜に足とらる/伊藤白潮

法師蝉駅下りてすぐ砂浜に/桜井博道

浜日傘砂浜に柄を深く差し/塩川雄三

目瞑りて聴く砂浜の結氷を/対馬康子

砂浜で転んでからの月見草/大西泰世

砂浜にささ波よする日永哉/正岡子規

砂浜に墓群かたまる梅雨の月/安達潔

砂浜に足投げ出して日永人/高澤良一

砂浜に雑うちあけて月涼し/正岡子規

砂浜の小松も見えず雲の峯/正岡子規

いまあるき来し砂浜の春時雨/今橋寿子

砂浜に百合繚乱の跡がある/早乙女文子

砂浜の汚点より蠅わつと翔つ/右城暮石

砂浜の浮輪片足入れてみる/津高里永子

砂浜にきらゝの光る春日かな/正岡子規

神主の砂浜わたる暑さかな/小酒井不木

炎天を来て砂浜を更にゆく/山口波津女

俳句例:41句目~

砂浜に流れの失せし破芭蕉/中戸川朝人

砂浜や残る暑さをほのめかす/子規句集

砂浜を少し焦がして海開き/岩淵喜代子

流木をあげし砂浜秋のこゑ/雨宮きぬよ

御祓受く海女砂浜に正座して/大西生子

金印の出でし砂浜磯あそび/阿波野青畝

鎌倉の砂浜に出て羽子をつく/長谷川櫂

はたおりの飛ぶ砂浜の草の道/日野/温子

砂浜のライブ水着のまま踊る/宇井久美子

砂浜に棒ひとつ立て梅雨明けぬ/平井照敏

砂浜に舟が乾くよモーパツサン/山上康子

砂浜に日あたれば憂き春の風邪/山口誓子

砂浜に砂の椅子など運ぶ家族/高桑婦美子

砂浜はいま敷かれたるごときもの/秋元零折

端まで冬トランプのキング砂浜に/伊丹公子

浪音あかるく砂浜のまろみ青めり/栗林一石路

高浪打ちかへす砂浜に一人を投げ出す/尾崎放哉

たんぽぽたんぽぽ砂浜に春が目を開く/荻原井泉水

星夜の砂浜酒つくる男が横たはりに来る/大橋裸木

灼けつく砂浜の鶏追ふ影が踊つて淋しいひるから/大橋裸木

タイトルとURLをコピーしました