泣き顔を使用した俳句

泣き顔に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

泣き顔を含む俳句例

泣き貌を埋むる枕遠蛙/文挟夫佐恵

泣き顔の度に抱き上げ山桜/由利雪二

いたつきの泣き顔変る秋寒し/林原耒井

おどけ顔泣き顔どれも寒卵/小檜山繁子

妹の泣き顔に似しぐちを釣る/遠山郁好

泣き貌の石仏はやす萌えの青/河野南畦

三面鏡の右は泣きがほ夜の朧/塩貝朱千

泣き顔のだらりと長き盆の月/殿村莵絲子

霜焼し泣き顔ならず泣きつづけ/宮坂静生

パンジーの今日泣き顔と思ひけり/木田千女

泣き貌のくづれし闇にさくら散る/仙田洋子

泣き顔のゆらりと消えて春眠に/赤松ケイ子

泣き顔の中也マントを被て立てり/福永法弘

泣くだけ泣いて気の済んだ泣き顔/住宅顕信

林檎剥くてのひらは泣き顔に似て/ふけとしこ

泣き顔の向けどころなし菊ばかり/小島千架子

泣き顔を包んでしゃぼん玉飛んだ/野尻すゞ子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました