喜捨を使用した俳句

喜捨に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

喜捨を含む俳句例

傷兵に喜捨す二月の戎橋/宮武寒々

喜捨人も寒念仏も合掌す/田中王城

爪立ちて童の喜捨や社会鍋/鈴木壽夫

轡虫たれか口火を切りし喜捨/赤松子

ぽろろんと誕生仏に喜捨の音/高澤良一

厨子を負ひ尼が喜捨乞ふ花蜜柑/原柯城

子遍路も喜捨受く杖を股ばさみ/渡辺昭

山門の熟柿の銭は喜捨に似る/古舘曹人

極月の寧らぎ少し喜捨をして/船橋とし

欲得も喜捨もなかなか初大師/行方克巳

聖堂に喜捨の銭の音十三夜/中戸川朝人

花慈姑ほそみの門に喜捨の箱/石川桂郎

雪笠の碧眼伏せて喜捨を受く/丸山哲郎

鵜捕部の鵜に喜捨小鮒二三匹/松元桃村

かばかりの喜捨に音たて社会鍋/下元和子

喜捨すべし山号の秋高ければ/赤松けい子

夕空の喜捨まぶしくて歩道橋/林田紀音夫

柿秋の喜捨筆頭をつかまつる/赤松けい子

極月の喜捨乞ふと佇ち義手義足/小林康治

派手ぶとん有髪の頃の友の喜捨/高岡智照

俳句例:21句目~

総持寺や喜捨の大根掛け連ね/神田美穂子

雉子郎の句が好きで喜捨社会鍋/亀井糸游

鳥交る野を喜捨しつつ妻の里へ/森川暁水

てのひらに喜捨享くるごと岩清水/田中康夫

喜捨もせしズックを脱げり四月尽/山口風樹

神の鵜の列に出逢ひて喜捨もせる/柿島貫之

蓮如の忌ゆかりの寺に喜捨すこし/恩田秀子

喜捨享くたび影ちぢまりて遍路婆/加倉井秋を

店閉づといふ盆下駄をどかと喜捨/赤松ケイ子

手の甲に置かれし喜捨の冷たさに/中村草田男

タイトルとURLをコピーしました