学生帽を使用した俳句

学生帽に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

学生帽を含む俳句例

唐黍と学生帽と一つ釘/上野鴻城

学帽や北を想えば北曇る/寺山修司

学帽を耳に支へて入学す/上野泰/

アルバイト学生帽に花一片/石川桂郎

学帽でさくらを散らす遊びせり/林桂

青蜜柑学帽のまま戦争へ/工藤博司/

学帽が土筆の籠に代りけり/白根純子/

学帽が役者の夢になりすます/攝津幸彦

学帽に髪あます一人夏やなぎ/古沢太穂

学帽のまま耕しの端を占む/中戸川朝人

学帽を天に投げ上げ卒業す/上崎暮潮/

初絵馬に目指す大学帽を描き/島/清子/

向日葵の黄に重なりし通学帽/飯沼/斉/

学帽と派手な手袋置いてあり/成瀬正とし

学帽はかぶらず出でて春月に/波多野爽波

学帽をとばし寝ころぶ芝青し/成瀬正とし

小学帽目までかぶりて蝶つまむ/細見綾子

少年工学帽かむりクリスマス/秋元不死男/

みたび原爆は許すまじ学帽の白覆い/古沢太穂

タイトルとURLをコピーしました