宝珠を使用した俳句

宝珠に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

宝珠を含む俳句例

玉取祭櫓に宝珠高く吊り/石谷秀子

白粥に宝珠とおとす寒卵/谷野予志

かげろふや破風の瓦の如意宝珠/許六

冬空や宝珠露盤は寺の屋根/野村喜舟

富貴寺の宝珠に弾む巣立鳥/武田綾子

山の端に宝珠のまるき彼岸かな/青畝

山撓宝珠銀の蕊吐き秋風に/木村蕪城

洗ひ上げ蕪は宝珠提げゆけり/藤田宏

参籠所凝宝珠の花に行衣干す/稲富義明

宝珠なす牡丹散華をなす牡丹/伊藤柏翠

日に月に牡丹宝珠を掲げ立つ/加藤耕子

朴の花会式に宝珠解かむとす/大橋敦子

石仏にあぢさゐの芽の幾宝珠/福永耕二

掌にのせて宝珠のごとき富有柿/角川春樹

沼面出し蓮の宝珠の天指せる/石井とし夫

花篝宝珠のごとく燃ゆるかな/徳永山冬子

ぼうたんの花芽宝珠といふべかり/高木良多

みほとけの忘れし宝珠ふきのたう/嶋田麻紀

バザールの宝珠のごとき石榴かな/下村梅子

妻籠路や宝珠ひねりの栗きんとん/高島筍雄

俳句例:21句目~

宝珠追うくんちの竜やドラ響く/太刀川虚無

朴咲けり不壊の宝珠の朴咲けり/能村登四郎

深山鴬今掌に宝珠のにぎりめし/加藤知世子

澄むと言ひて宝珠露盤を仰ぎけり/下村槐太

焼きそめし山ふところの火の宝珠/皆吉爽雨

古代蓮宝珠のごとき蕾あぐ/伊東とみ子「古代蓮」

タイトルとURLをコピーしました