航路を使用した俳句

航路に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

航路を含む俳句例

去年今年航路真下の旅の町/龍太

大夏爐樺太航路今は絶え/橋本鶏二

紅梅の空に外国航路あり/太田土男

航路の一すぢ白し鳥渡る/大橋敦子

航路冬忠君の琵琶船室に/宮武寒々

夏近く良平の絵の佐渡航路/高澤良一

わが窓のいつより白鷺の航路/今井一栄

佐渡航路寄する卯浪の彩親疎/高澤良一

流れ藻の長短首夏の佐渡航路/高澤良一

ひとすぢの月の航路の涯もなく/山本歩禅

二時間と何んぼの夏の佐渡航路/高澤良一

佐渡航路春の毛布をあてがはれ/大石悦子

佐渡航路舷側を過ぐほんだわら/高澤良一

水尾白き航路に燕ひるがへる/馬詰/敏恵

ゆつくりと航路を変へる芒かな/遠藤美由樹

ゆつくりと航路を変へる芒かな/遠藤美由樹

卯浪駈く果てまぶしめり佐渡航路/高澤良一

台風のうねりすさまじ壱岐航路/阪本トミ子

子には子の航路あるらむ泳ぎゆく/都筑智子

涅槃西風海猫のつき来る佐渡航路/渡道陸郎

タイトルとURLをコピーしました