舌打を使用した俳句

舌打に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

舌打を含む俳句例

初時雨舌うつ海胆の味も今/言水

海に来て舌打つ飴湯忍草/赤尾兜子

舌打で音をあはせて鉦叩/川崎展宏

一斉に雪加舌打ち麦刈らる/堀口星眠

初詣神の舌打ち聞えたり/山田みづえ

大寒の鵙舌打つてかなします/岸田稚

太声にして舌打を忘るぎす/下村槐太

葭切の舌打ち鳴きに雨降らす/有働亨

山だちもともに舌打つ清水かな/中勘助

百千鳥舌打ちすずめ落しける/平畑静塔

歯ぎしりも舌打ちもして蝉育つ/後藤夜半

舌打ちのあと唾吐いて夜の浅蜊/武田和郎

舌打つて鵙も月日も逝く如し/河原枇杷男

芦刈るや冬禽のごと舌打つて/能村登四郎

腹這ひにのみて舌うつ飴湯かな/飯田蛇笏

雪晴やろゝと舌うち子を笑ます/川口重美

路地に雨の舌打ち花菜茹で上る/殿村莵絲子

雑炊に舌打ちしたるさびしさよ/能村登四郎

舌うちをしてゐる蝉に閼伽を汲む/後藤夜半

醍醐味を舌打つ僧の柚味噌かな/菅原師竹句集

俳句例:21句目~

花びらに舌打したる蛙哉/一茶/文化七年庚午

タイトルとURLをコピーしました