阿修羅を使用した俳句

阿修羅に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

阿修羅を含む俳句例

阿修羅王敗れ夕焼終りの朱/岩村蓬

わが胸に阿修羅一本唐辛子/関礼子

春寒の阿修羅は夫の恋仏/大石悦子

母を待つ顔なる阿修羅遠蜩/林昌華

岳樺幹の阿修羅に秋烈日/高澤良一

青嵐いまぞ阿修羅の六臂欲し/澁谷道

阿修羅その眦の朱も寒のうち/澁谷道

冬拒む阿修羅三面六臂もて/鈴木栄子

水仙や紅顔阿修羅いまも立つ/中田剛

寒き宙支へ阿修羅の肘直角/横山房子

栗をむく吾は阿修羅の顔をして/楠節子

松風や阿修羅涼しく腋をあげ/前田普羅

青嵐阿修羅の笑みを垣間見し/高澤晶子

新松子阿修羅の勁き瞳かな/岡野美代子

霧来れば阿修羅見す木ぞ岳樺/高澤良一

雪折れの竹の阿修羅に中洲村/岩井三青

阿修羅と逢う噴き溢れ散る雪柳/渋谷道

阿修羅あり雲雀あがれる興福寺/森澄雄

朝の空阿修羅の朱とおもふべし/中田剛

花冷に阿修羅の三面眉根寄す/横山房子

俳句例:21句目~

春昼や奏でんとして阿修羅の手/中田剛

凍滝の阿修羅の相を愛しめる/堀口星眠

唇噛んで阿修羅は若し朝の虻/山田孝子

秋寂ぶや阿修羅のあをき髭も/大石悦子

春暁や阿修羅の放つ火のにほひ/上村占

山国の雲の阿修羅に梅雨の月/西本一都

麦焼の阿修羅の如く火をくぐり/山口青邨

鮭打を阿修羅の貌と見たりけり/大橋敦子

ふり返るとき阿修羅なり洗ひ髪/鷹羽狩行

伐採の阿修羅の山も眠りたる/大岳水一路

何愁ふ阿修羅か春の立ちにけり/大橋敦子

冬鳩の風をみちびく阿修羅仏/河野多希女

夜の野火阿修羅が好きといふ女/木田千女

崖の石蕗濤の阿修羅に海へ散る/河野南畦

彼岸冷え阿修羅の頬に罅はしる/西脇妙子

春の雪阿修羅ともはた涅槃とも/行方克己

月光が射さば阿修羅は春の蜘蛛/宮坂静生

爽かに阿修羅の肱の尖りけり/猿橋統流子

沼にほひだす三月の阿修羅かな/宮坂静生

火祭の火の粉たばしる廊阿修羅/黒柳美村

俳句例:41句目~

眉あはくひそめて阿修羅落葉ふる/中田剛

若葉光阿修羅眉間を解かざりし/谷中隆子

説も阿修羅紅葉も阿修羅みちのくは/秋子

遅れ田を植うる阿修羅の老夫婦/杉山岳陽

阿修羅ともなろか椿に戻らうか/塚越美子

あをによし奈良には阿修羅麦の秋/高橋紀子

菫摘む阿修羅の眉間おもひつつ/河原枇杷男

蝌蚪の紐からまる水の阿修羅かな/岡本正敏

蝶がくる阿修羅合掌の他の掌に/橋本多佳子

蝶の晝阿修羅の一指も匂ふらむ/河原枇杷男

曼珠沙華髪を阿修羅に病めりけり/西本一都

深田なり阿修羅の如く稲刈れる/相生垣瓜人

仏陀見て阿修羅の息の花ユッカ/河野多希女

阿修羅の鵜浮けば眸の潤みをり/石鍋みさ代

わが生は阿修羅に似たり曼珠沙華/角川春樹

時雨来る阿修羅の眉目くもらせて/橋本榮治

ゆく春の阿修羅の声を聴きたしや/大野崇文

めぐりては阿修羅に戻る秋しぐれ/小沢真弓

露噴いて夜は鎮まりぬ阿修羅仏/加藤知世子

すでにして春の阿修羅の滝なりけり/樋笠文

俳句例:61句目~

朴ひらく流れ阿修羅となる処/鍵和田ゆう子

こののちは秋風となり阿修羅吹かむ/大石悦子

少年の瞳して阿修羅のしぐれをる/鍵和田釉子

夏めきて阿修羅おもざし吾子に肖る/下村槐太

修羅阿修羅ききてさびしき雁の声/河野多希女

多佳子亡き奈良や阿修羅と春惜しむ/吉野義子

亀鳴くか鳴かぬか鳴けり餓鬼阿修羅/今瀬剛一

ジェット機に見えぬ阿修羅と初空飛ぶ/隈治人

阿修羅の鵜女体とききしあはれさよ/渡辺桂子

雪は阿修羅かたみに父祖の家を守る/竹田菁雨

雪阿修羅そのなかを行くわれ阿修羅/工藤克巳

たをやなる阿修羅の六臂曼珠沙華/文挟夫佐恵

藤むしってしまいそうわが阿修羅の手/高橋紀子

阿修羅迦楼羅緊那羅摩呉羅伽大火かな/尾崎迷堂

滝もあしゆら紅葉も阿修羅みちのくは/長谷川秋子

荘厳に閻浮檀金の夜の闇花散りどきの阿修羅彷彿/筑紫磐井

タイトルとURLをコピーしました