舷梯を使用した俳句

舷梯に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

舷梯を含む俳句例

舷梯に厨房匂ふ冬鴎/米沢吾亦江

南風や蓬髪の火夫舷梯に/大橋櫻坡子

月の船舷梯ひたと舷側に/五十嵐播水

獅子舞の舷梯のぼる紙吹雪/中本柑風

舷梯を降り新涼の対馬かな/大和尋人

のぼりゆく舷梯春の星すぐに/河野南畦

入営旗今舷梯をおしのぼる/五十嵐播水

夕東風や舷梯を波あらひつつ/工藤義夫

夜を繋る舷梯垂れぬ凍海に/松原地蔵尊

舷梯をあぐればいよゝ月の航/久米泊灯

舷梯をのぼりゆきしが雨にあふ/林三郎

卒業子はや舷梯にまぎれぬる/水原秋櫻子

枇杷買うて舷梯のぼる夜の雨/橋本多佳子

舷梯をはづされ船の蛾となれり/鷹羽狩行

舷梯を下りて夜釣の人となる/五十嵐播水

舷梯を妻が降り来る良夜かな/冨田みのる

虫鳴いて舷梯下りる人もなし/五十嵐播水

雪霏々と舷梯のぼる眸ぬれたり/横山白虹

灯を提げて月の舷梯下りゆきぬ/五十嵐播水

舷梯に佇つ夏帽を振るために/松岡ひでたか

俳句例:21句目~

舷梯うらら「オーイ」の声は放物線/平井さち子

舷梯をあげてかかりぬコレラ船/本田一杉「雲海」

タイトルとURLをコピーしました