旅枕を使用した俳句

旅枕に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

旅枕を含む俳句例

星合の夜を俳諧の旅枕/堀内吟一

梟や耳覚めてゐる旅枕/堀井和子

臍寒し柿喰ふ宿の旅枕/正岡子規

旅枕手さぐりおれば雁の声/源鬼彦

痩蚤の這出るかたや旅枕/内藤丈草

眼うらに鵲舞はす旅枕/成瀬櫻桃子

夜あらしや時雨の底の旅枕/上島鬼貫

文月やそばがらこぼす旅枕/黒田杏子

秋雷を遠くに聞きて旅枕/尾沼チヨ子

名月の前へまはるや旅まくら/内藤丈草

夏炉焚く匂ひの中の旅まくら/徳重怜子

旅枕ただ五月雨を聞きにけり/野田雅城

旅枕ゆさぶる能登の雪起し/緒方眞帆子

旅枕夜目にも茅花流しかな/沼尻巳津子

旅枕雁が鳴いても目がさめる/正岡子規

蛙鳴くこの夜忘るな旅まくら/上島鬼貫

鷺草の白き月夜の旅まくら/岡部六弥太

旅まくら雨夜の夢はつばくらへ/林原耒井

旅枕かたみに覚めつ蚊におびゆ/林原耒井

旅枕甲斐のちちろに眠り落つ/藤本はるを

俳句例:21句目~

痩せ蚤の這ひ出る肩や旅枕/丈草「幻の庵」

明易し白紙を巻ける旅枕/河野博行「貴船菊」

旅枕はづれやすくて明易し/松尾節朗「大山蓮華」

タイトルとURLをコピーしました