季語/水鶏(くいな)を使った俳句

俳句例:101句目~

そぼふるやとぎれ~に水鶏鳴く/寺田寅彦

水鶏鳴くや月代の砂丘も見ゆ/金尾梅の門

ほろほろと水鶏の月のこぼれ雨/山本杜城

聞うちにすゑまぼろしの水鶏哉/松岡青蘿

よごれ立つ水鶏ひとつや田植季/堀口星眠

聞くうちにすゑまぼろしの水鶏かな/青蘿

何も無しよし水鶏煮て參らせむ/会津八一

水鶏なくかたのゝさとは薄月哉/松岡青蘿

江の幅の湖かと広う水鶏かな/東洋城千句

友逝きてしまひぬ水鶏敲く沼/町田しげき

叩かれて水鶏に明かし申しけり/会津八一

水鶏啼き高野は真夜も杉匂ふ/神尾久美子

啼きまじる夜鷹も水鶏月夜なる/井沢正江

墨をぬるランプの夜明水鶏鳴く/皆吉爽雨

大利根のしづけき果ての遠水鶏/吉田冬葉

水鶏鳴き笘打つ風の又わたる/水原秋櫻子

水鶏一つ鳴くには広き月夜かな/原子公平

一つ家を叩く水鶏の薄暮より/松本たかし

水鶏笛吹けばくひなの想ひ切/橋本多佳子

山を負ふ田の真闇より鳴く水鶏/高柳聖子

俳句例:121句目~

蘆楯に水鶏は隠れゐるつもり/柳沢仙渡子

忘れゐしときに水鶏の叩くかな/小玉竜也

沼の闇遠くひろがり水鶏鳴く/長谷川耕畝

戦災悲話水鶏叩けど叩けども/中村草田男

月光のくまなかりけり遠水鶏/石井とし夫

水鶏鳴くこゑを待ちゐて利久箸/伊藤敬子

遊子痩せて水鶏に似たり湖の頭/尾崎紅葉

来ずなりし水鶏の昔男かな/菅原師竹句集

水打つて吹き鳴らしをり水鶏笛/加藤楸邨

水盗みしたる記憶や水鶏鳴く/大隈/米陽

水鶏きて戸を叩く夜は我とおもヘ/上村占

濤声をはるかに水鶏きかばやな/太田鴻村

水鶏鳴く門を出てゆく乳貰ひ/石井とし夫

水鶏と云ふ鳥と答へて宿場女郎/寺田寅彦

雨止まぬままに夜が来る水鶏宿/岡本玉野

水鶏なく里のはやねと申すべし/室生犀星

水鶏来し夜明けて田水満てるかな/碧梧桐

水鶏来て戸を叩く夜は我とおもへ/上村占

馭者の打つ綱の艶出て水鶏の眼/吉田紫乃

縄朽ちて水鶏叩けばあく戸なり/高浜虚子

俳句例:141句目~

くる音は麦わらかづく水鶏かな/伊賀-玄虎

このごろは水鶏も啼くと療養記/伊藤みのる

水鶏夜々利根川図誌を読み了る/石井とし夫

みよしののくらき月夜の水鶏かな/下村梅子

一つ家に一つともしび水鶏鳴く/石田阿畏子

僧はたゝくなまぐさ坊主の水鶏哉/井原西鶴

又寝するや明て槇の戸水鶏じや物/椎本才麿

水鶏笛きつと芭蕉を呼び寄せる/松田ひろむ

奪ひ合ふものいちごから水鶏から/広瀬惟然

宵よりも星の減りたる夜の水鶏/松枝よし江

寝るときや水鶏の声のよみがへり/中山純子

水鶏なくさとのはやねと申すべし/室生犀星

愁ひつゝ水鶏をきゝに出る夜かな/高田蝶衣

水鶏ゆくや育良の山の朝ぐもり/日夏耿之介

未明すでに溲罎は見ゆれ水鶏叩く/石田波郷

淀の田は涯なく水づく水鶏かな/阿波野青畝

水鶏ゆくや落日を眉間の光とす/日夏耿之介

緋水鶏のかくれし蘆や吹きなびき/鷹野清子

水鶏の巣こゝにあり苗捨てゝあり/鈴木花蓑

緋水鶏の走りかくれし草を刈る/市村究一郎

俳句例:161句目~

頭の朱き水鶏のほかはそよぎおり/友岡子郷

水鶏ゆくや羊腸に栗のいが二つ/日夏耿之介

水鶏なく水より暁けて村ちさし/鷲谷七菜子

叩きたたきて水鶏が村を絶やしけり/斉藤美規

焚け焚けと囃す水鶏や夜窯を守る/岸川鼓虫子

帰り来しこゝがふるさと水鶏鳴く/深川正一郎

水鶏さへ待てどたゝかぬ夜なりけり/永井荷風

水鶏たたく五湖の一つの昏れにけり/岡本爽子

水鶏飛んでぼそと落ちけり菰の中/東洋城千句

風呂に入る夜のくつろぎや鳴く水鶏/井上井月

雨となりて背戸の水鶏の鳴き止みぬ/寺田寅彦

水鶏ゆくや蒼天ふかみ照りもせず/日夏耿之介

水鶏笛ひようと鳴りたるあと寒し/殿村莵絲子

ひとりとなる宵月の暈水鶏の忌/阿部みどり女

水鶏コツコツさしづめ唄ひたくなりぬ/後藤綾子

水鶏ゆくやほそたに川のささにごり/日夏耿之介

水鶏ゆくや山びと愛しむなり早稲花/日夏耿之介

水鶏ゆくやこの日宋研の塵をあらふ/日夏耿之介

青田から月叩き出す水鶏かな/俳春秋/坪谷水哉

水鶏ゆくや大ナギの日照雨片かげる/日夏耿之介

俳句例:181句目~

遠水鶏小菅の御門しまりけり/一茶/文化七年庚午

木母寺の鉦の真似してなく水鶏/一茶/文化九年壬甲

タイトルとURLをコピーしました