季語/茨の花(いばらのはな)を使った俳句

「茨の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「茨の花」について

【表記】茨の花

【読み方】いばらのはな

【ローマ字読み】ibaranohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花茨(はないばら:hanaibara)

・花うばら(はなうばら:hanaubara)

・野いばらの花(のいばらのはな:noibaranohana)

・野ばらの花(のばらのはな:nobaranohana)

・茨の花垣(ばらのはながき:baranohanagaki)

季節による分類

・「い」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

茨の花を含む俳句例

引潮に水藻流るる花茨/林翔

残虐な壁の残骸花茨/関森勝夫

愁ひつつ岡に上れば花茨/蕪村

花茨蛍は消えてはさまりぬ/静塔

花茨故郷の路に似たるかな/蕪村

田より田へ水の調べや花茨/沢聰

野茨の色の口紅選ぶ朝/対馬康子

野茨の昼の夢なん花真白/原石鼎

袖かけて子供の泣くや花茨/五明

花茨遠山消して空気熟れ/宮津昭彦

寂として残る土階や花茨/高浜虚子

鼻先に野茨下がり磨崖佛/河野聖城

吾が服に馬臭のしるく花茨/瀧春一

花茨平行線の線路かな/横井かず代

花茨墓石がこぞる町の窪/小林康治

腰網に撥ねゐるや花茨/楠目橙黄子

木枯へ頸突込みて樽洗ふ/中村野茨

土地人も迷ふ道あり花茨/稲畑汀子

二十年家郷を出でず花茨/石井露月

道のべの低きにほひや茨の花/召波

俳句例:21句目~

岬山の雨に模糊たる花茨/遠藤梧逸

兼山の水路をかくす花茨/稲畑汀子

雨に香のよわらで哀れ花茨/五竹坊

古郷やよるも障るも茨の花/小林一茶

垣茨の花の小ぶりに人丸忌/村山古郷

花茨の蕾ほぐすや産着の如/香西照雄

花茨今日の運勢見てしまふ/近藤伸子

我を見ず茨の花を見て答ふ/森賀まり

花茨仲間はづれの女の子/白石美喜枝

花茨大鯉が瀬に出てゐたり/茨木和生

江漢の塚も見ゆるや茨の花/室生犀星

茨さくや根岸の里の貸本屋/正岡子規

花茨来し方をまた行方とす/深谷雄大

花茨雨ひかり降りひかり消ゆ/渡辺幼

跳躍の仔牛何時捲む花茨/岩城のり子

茨咲くや根岸の里の貸本屋/正岡子規

茨咲く水の迅さよ旅をゆく/中村汀女

野茨や日焼けて細き子等が脛/原石鼎

螢狩茨の花のそこらまで/吉岡禅寺洞

野茨や波ひたひたと水位標/山岸治子

俳句例:41句目~

雷雲を待つや野茨のしづけさは/林火

霜強く野茨は刺を尖りけり/野村喜舟

首塚やとげに咲きたる花茨/中村史邦

うごきゆく黒潮が見ゆ花茨/大屋達治

恙なく家族居ぬ昼花うばら/寺井谷子

愁ひつゝ岡にのぼれば花いばら/蕪村

太白星は空の王者よ花茨/大谷碧雲居

二タ日とは空なき雨の花茨/石塚友二

花いばら古郷の路に似たるかな/蕪村

磔像へ咲きのぼりつゝ花茨/高濱年尾

我もまた岡にのぼれば花茨/渡辺重昭

天長節たそがれ茨の花もみえ/渡邊水巴

川原への道野茨の花のみち/青柳志解樹

野茨やたなご釣りにし堰の跡/石塚友二

ふくらみて野川は奏づ花茨/石田あき子

籠負ひし海女の野茨隠れかな/藤田湘子

エスケープして来し丘の花茨/田中冬二

花茨此の世は遠きランプかな/鳴戸奈菜

野茨を折り挿す見よやチロル帽/有働亨

花茨の日かげ日向や夏木立/島村元句集

俳句例:61句目~

野いばらは聖母の龕や雑沓に/小池文子

農小僧経て来し月日花いばら/皆川白陀

山吹のうの花の後や花いばら/蕪村遺稿

ザイル巻く墓を囲める花茨/大場美夜子

海へ出る砂ふかき道花いばら/大井雅人

花茨や水ざぶ~と渉り釣り/楠目橙黄子

馬を追ふ妹にあひけり花茨/河東碧梧桐

川原への道野茨の花のみち/青柳志解樹

強情な子でありし日の花茨/大木あまり

蕪村なら後朝に詠む花うばら/猿田咲子

誰彼の咳に散りしく花うばら/横山房子

花茨惜むべき香を吹き棄つる/正岡子規

花茨此の世は遠きランプかな/鳴戸奈菜

花茨碑銘の丘に蛇は架けられ/高柳重信

十字架や野茨空しく生ひ茂る/寺田寅彦

若き日の星ならなくに花茨/千代田葛彦

蛙鳴き野茨の花咲き垂るゝ/大場白水郎

道端に野茨みだるゝごみ捨場/寺田寅彦

野茨に虻とる雨雀かへり見す/飯田蛇笏

野茨の実に日月の凝りしかな/山本悠水

俳句例:81句目~

花茨湖のひんがし白みたり/佐野青陽人

日の虧を背に頬に茨の花を剪る/宮武寒々

鵙の贄野茨は一葉だにとどめず/福田蓼汀

サーバーはきっと野茨風が立つ/坪内稔典

眼のごとくしづかなる沼花茨/小松崎爽青

茨咲きぬ朝は真珠のいろに覚め/石原八束

花茨しばらくは日をあましけり/村上麓人

花うばら信濃へ抜ける風ばかり/大獄青児

伴天連の墓をめぐりて野茨かな/寺田寅彦

幼なにも別辞を選び花いばら/赤松けい子

野茨にからまる萩の盛りかな/芥川龍之介

花茨ゴルフボールが孵りさう/鍵和田釉子

教師呉れしは所詮知恵なり花茨/寺山修司

くちなはの巻きのぼりたる花茨/岩田由美

野茨の実のくれなゐに月日去る/飯田龍太

野いばらや病経たれば香をかぎし/森澄雄

鳥海山に雲垂れて来し花うばら/堀/文子

昏れがたく濡るる野茨傘に触る/飯田蛇笏

野薔薇咲き万葉よりの鮎どころ/大島民郎

せゝらぎの音いさぎよし花茨/左右木韋城

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ