季語/水鶏(くいな)を使った俳句

「水鶏」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「水鶏」について

【表記】水鶏

【読み方】くいな

【ローマ字読み】kuina

子季語・関連季語・傍題・類語など

・水鶏たたく(くいなたたく:kuinatataku)

・緋水鶏(ひくいな:hikuina)

・姫水鶏(ひめくいな:himekuina)

・水鶏笛(くいなぶえ:kuinabue)

季節による分類

・「く」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

水鶏を含む俳句例

水鶏啼け夜の市人酒の酔/樗良

飾屋も水鶏に明し遠の里/水哉

耳の底に水鶏なく也冬の雨/露川

方角に疑ひ置きて遠水鶏/森田峠

水鶏啼く黎明庵の白襖/中川宋淵

此宿は水鶏も知らぬ扉かな/芭蕉

此村の門並叩く水鶏哉/星野麦人

僧ひとり門に彳む水鶏かな/麦水

舞人の祭稽古や水鶏鳴く/中川四明

溜池や漬木のうへに水鶏啼く/闌更

敲けども~水鶏許されず/高浜虚子

藺田刈て水鶏に遠き寝覚かな/蓼太

この宿は水鶏もしらぬ扉かな/芭蕉

曇る日や水鶏ちらりと麦の中/惟然

垣一重菖蒲まこもよ水鶏啼く/麦邑

水鶏聞て今見し夢を淋しがる/紅緑

朝草の鎌とき立つる水鶏かな/之道

水鶏啼く夜半に遊行の勤かな/其角

村人は水鶏月夜を寄合ヘ/木村蕪城

水鶏なく拍子に雲が急ぐぞよ/一茶

俳句例:21句目~

棚橋や水鶏に近き裏通り/井上井月

此の宿は水鶏もしらぬ扉かな/芭蕉

驚かされ驚かしけり水鶏に棒/調鶴

馬道を水鶏のありく夜更かな/鏡花

我が宿の沢瀉咲きぬ水鶏なけ/暁台

半漁の一戸を水鶏叩くなり/森田峠

水鶏鳴き苫打つ風の又わたる/秋櫻子

水鶏鳴く日曜夫を母へ帰す/磯部洋子

夜道して疑ふ水や鳴く水鶏/野村喜舟

水音は水にもどりて水鶏かな/千代尼

池埋めて水鶏に心残りかな/籾山柑子

田の中の分教場や鳴く水鶏/吉田冬葉

学田にうつる灯や鳴く水鶏/高田蝶衣

宵の口鳴いて曇るや鷭水鶏/立花北枝

竹の子に移る水鶏や初当話/浜田酒堂

つぎばしの跡は水田の水鶏かな/史邦

はしちかく水鶏月夜の文机/木村蕪城

肥たごに傾く月や遠水鶏/廣江八重櫻

葛飾の夜の雨暗き水鶏かな/内藤吐天

蓮浮葉水鶏の雛が走りけり/新井英子

俳句例:41句目~

行過ぎて隣を叩く水鶏かな/会津八一

馬洗ふ川すそ闇き水鶏哉/立花北枝/

鶏もばらばら時か水鶏なく/向井去来

水鶏ゐて波穂しろくあけそめぬ/楸邨

仮の寝に返す手枕水鶏鳴く/嶋田麻紀

挑灯を消せと御意有る水鶏かな/蕪村

俤や薮あり月あり水鶏なく/松岡青蘿

捨舟の干潟に敲く水鶏かな/藤野古白

新屋敷ふけてたたくは水鶏かな/許六

水鶏をり濁流へだつ草の蔭/新井英子

水鶏去而入野北方時雨鳧/日夏耿之介

水鶏叩き鼠答へて夜は明ぬ/正岡子規

水鶏啼く夜や吸物に茗荷竹/立花北枝

水鶏啼く芦荻もありて水無瀬川/巨口

名月の裏戸を叩く水鶏かな/皿井旭川

ある時は叩きそこなふ水鶏哉/正岡子規

うしろより戻りかゝれば鳴く水鶏/半残

水鶏鳴く闇が埋めし網戸の目/亀井糸游

かしこくも盗人は来で水鶏哉/高井几董

水鶏啼くと人のいへばや佐屋泊り/芭蕉

俳句例:61句目~

沼の家水鶏叩けば灯すなり/石井とし夫

渡舟待つ女がひとり夕水鶏/石井とし夫

そのかみの伊賀俳諧や水鶏笛/本田一杉

父の背をもはらに叩き水鶏かな/林之助

窓あけて水鶏月夜の旅日記/石井とし夫

水鶏まぜず音せぬ月に戸を明けり/調子

水鶏鳴き地酒は甘き香をはなつ/知世子

花藺田に水鶏鳴くべき小雨哉/正岡子規

よべも亦水鶏聞きけり離宮守/中川四明

水鶏なく古関の闇の幾重にも/福原十王

家ひとつ灯りて水鶏月夜かな/鎌倉博史

水鶏なく宿に眠れる蕩児かな/前田普羅

草の雨昼の水鶏にもの遺らん/角田竹冷

初対面そゞろ水鶏の夜に入りぬ/草田男

占かたは獣にあらで水鶏かな/五車反古

水鶏啼く宿に眠れる蕩児かな/前田普羅

血縁もときにうとまし夕水鶏/木村ふく

表札のなき戸をたゝく水鶏かな/森田峠

送られて水鶏月夜を戻りけり/長井伯樹

逢恋の背戸を水鶏に叩かれし/寺田寅彦

俳句例:81句目~

水鶏笛宝石箱にしまひ置く/石脇みはる

釣をやめて帰り来れば水鶏哉/幸田露伴

失せものに思はずも出で水鶏笛/上村占

水鶏聞きに僧が扉を叩きけり/鈴木苔花

関の戸に水鶏のそら音なかりけり/蕪村

関守の宿を水鶏に問はうもの/松尾芭蕉

水鶏鳴く闇は太古の如くあり/西沢破風

水鶏啼いて星うく草のはやまかな/長翠

水鶏鳴くと人のいへばや佐屋泊り/芭蕉

水鶏鳴くや暁近くしげき雨/東洋城千句

水鶏鳴く人の睡りの深きより/矢島渚男

水鶏鳴く子らの夕餉の狼藉に/堀口星眠

月すでに高きにありぬ水鶏鳴く/森田峠

水鶏鳴く宿に眠れる蕩児かな/前田普羅

水鶏鳴く釣るも濯ぐも一川に/都筑智子

水鶏鳴く長生きの芸うとましき/安西篤

おのが音の尼や水鶏の磯のやみ/内藤丈草

水鶏笛聞かばやとゆく湖月夜/小野百合子

水鶏啼く夜の白凪に打たれけり/臼田亜浪

さゐ鎚の祝儀なくつす水鶏かな/立花北枝

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ