季語/サルビアを使った俳句

「サルビア」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「サルビア」について

【表記】サルビア

【読み方】さるびあ

【ローマ字読み】sarubia

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「さ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

サルビアを含む俳句例

サルビアが恥へ傾く金曜日/坪内稔典

屋上にサルビヤ炎えて新聞社/広瀬一朗

サルビアの焔に雨や麺麭作り/堀口星眠

サルビヤの百日働くを疑はず/山田みづえ

サルビヤの静けさとあり爆心地/岡澤康司

サルビアの真赤な殺し文句かな/徳永球石

サルビアがつなぐ黒人の家と家/有馬朗人

サルビヤは昃り洋は大西日/阿部みどり女

サルビアの朱色死病の人と見る/相馬遷子

サルビアの緋の一枚の馬券買う/対馬康子

山の日に燃ゆるサルビア美術館/大津信子

日陰りしサルビアの赤沈黙す/嶋田摩耶子

石垣にサルビヤの燃え移りたり/吉田貞造

青春にサルビアの朱ほどの悔い/岩岡中正

サルビアを咲かせ老後の無計画/菖蒲あや

サルビヤに情熱の些も曇るなし/飯田蛇笏

サルビヤのさかる療舎や迢空忌/巌谷小波

サルビアの燃えし園ここ爆心地/中井苔花

ちひさく叫ぶサルビアの果つるとき/能城檀

サルビアにおもふダンテの煉獄編/高澤良一

俳句例:21句目~

サルビアの上に懸かれる切子かな/岸本尚毅

サルビアの二時が燃えをり花時計/前橋春菜

サルビアの咲く猫町に出でにけり/平井照敏

サルビヤの花には倦むといふ言葉/稲畑汀子

サルビアの映ると見しは緋鯉飼ふ/大島民郎

サルビアに染まりし霧の湖へ出づ/武井耕天

サルビアの枯れし夜空を花火飛ぶ/岸本尚毅

サルビアや船に生きたる日を語り/依光陽子

サルビアの紅に雨降る玻璃戸越し/因藤周一

サルビアの花の衰へ見れば見ゆ/五十嵐播水

サルビアの花紅き日の訃報かな/坂田/玲子

サルビヤの咲く猫町に出でにけり/平井照敏

庭中にサルビア硝子の馬買いたし/中北綾子

ヨット操る男サルビア色のシャツ/高澤良一

前庭にサルビアの火をはなち住む/藤岡筑邨

学校花壇サルビヤつねに軽騎兵/鈴木蚊都夫

サルビヤの地をたしかなる猫の歩み/原子順

鼓笛隊サルビヤに火をつけてゆく/木村泰三

サルビヤの燃えて一茶の地に到る/佐川広治

サルビヤの緋に魅入られし男の脚/河野多希女

俳句例:41句目~

アフガンにテロ前庭にサルビア咲く/高澤良一

サルビアの散つて同床異夢なりし/波多野爽波

サルビヤの真紅伴天連ここに瞑る/下村ひろし

サルビアの花にあしたのあるでなく/行方克巳

サルビヤのなだるるごとく月日かな/黒川路子

サルビヤやいつになったら雨あがる/高澤良一

別れゆくときもサルビヤ赤かりき/木村浅香女

鈴の音は驢馬の曳く馬車サルビヤ緋/竹尾夜畔

サルビヤに真っ赤な風が起ちにけり/高澤良一

サルビアの燃え立つに蝶素通りす/桔梗田田鶴子

サルビアの真つくれなゐに自負一つ/松本千恵女

サルビアを燃え立たせ居てサガン読む/伊藤敬子

サルビヤや如何なる死をも遁れたし/殿村菟絲子

熱の子の指すサルビヤの朱がかすむ/阿部みどり女

サルビヤの生まれてをりしほむらかな/江藤/芙代子

日溜りに咲く一群のサルビアの昏さに父の戦後はありぬ/三井修

<クローン牛>次々生れこの世紀緋のサルビアが地上を統ぶる/三井修

サルビアの小花散りしく黒土のうるほふごとき夕べとなりぬ/尾崎左永子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ