季語/蕎麦湯(そばゆ)を使った俳句

「蕎麦湯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蕎麦湯」について

【表記】蕎麦湯

【読み方】そばゆ

【ローマ字読み】sobayu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「そ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

蕎麦湯を含む俳句例

古を好む男の蕎麦湯かな/村上鬼城

梁に狸吊して蕎麦湯かな/松瀬青々

悉く松は夜雨や蕎麦湯吸ふ/渡辺水巴

一の酉過ぎて蕎麦湯の淡き味/吉田鴻司

一椀の自愛の蕎麦湯小百姓/竹田はるを

山二つ谷一つ越え蕎麦湯かな/柳澤和子

ぽつねんと業なき夜の蕎麦湯かな/伊藤観

屋根替の真下に蕎麦湯啜りけり/能村研三

御仏の呼び声がする蕎麦湯かな/松瀬青々

みな北の貌もち蕎麦湯すすりをり/小原啄葉

一つかみ松葉たき添へ蕎麦湯かな/高田蝶衣

忘年会くづれの熱き蕎麦湯かな/鈴木しげを

用もなき興もなき夜の蕎麦湯哉/岩谷山梔子

短日の蕎麦湯すするや暮れ切りぬ/草間時彦

蕎麦湯呑んで一気に山を下りけり/永田青嵐

論争の余焔をさます蕎麦湯かな/河東碧梧桐

諸手してもちたる蕎麦湯の茶碗哉/星野麦人

貧にして賤しからざる蕎麦湯かな/大谷句仏

馬にやる蕎麦湯さめたる追儺かな/萩原麦草

蕎麦湯うはさめのした夫婦とその友/喜谷六花

俳句例:21句目~

霧ごめの白山を恋ふ蕎麦湯かな/鍵和田ゆう子

姉と居れば母のするよな蕎麦湯かな/大須賀乙字

寝ねがての蕎麦湯を溶くもひとりかな/安井農人

愚痴言ひに伯母の来る夜や蕎麦湯など/斎藤八郎

蕎麦湯のみたうたう降り出しきやがつたか/高澤良一

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ