季語/土用波(どようなみ)を使った俳句

「土用波」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「土用波」について

【表記】土用波

【読み方】どようなみ

【ローマ字読み】doyonami

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「と」で始まる夏の季語

・「夏の地理」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

土用波を含む俳句例

土用波一角崩れ総崩れ/本井英

土用浪暫し泡沫漂はせ/高澤良一

土用波磯山蔭に鶏遊ぶ/福田蓼汀

新聞紙畳にふかれ土用波/桂信子

姉棄てて弟泳ぐ土用波/坪内稔典

貝殻は海の脱け殻土用波/樋口久兵

淋しさは船一つ居る土用浪/原石鼎

表より裏より島の土用浪/谷口三居

蓬髪の乞食にあひぬ土用浪/原石鼎

海の紺白く剥ぎつつ土用波/瀧春一

夕富士に力抜きたる土用波/星野椿

一茎の浜草に花や土用浪/島田青峰

土用波海豚の芸も休ませて/瀧春一

百萬の霊のせてくる土用波/中勘助

立上る土用波より鵜現れ/橋本鶏二

空瓶のぬくもり浚ふ土用波/桂信子

土用浪改札口は風富めり/伊藤京子

心中の屍つゝむや土用浪/高浜虚子

当直や丘の彼方の土用波/松藤夏山

二つある万年床や土用波/岸本尚毅

俳句例:21句目~

引くときも力蓄へ土用波/武田澄江

山浦や夕長うして土用波/井本農一

土用浪一つ大きく勇いろ/高澤良一

山吹の狂ひ花あり土用浪/高浜虚子

赤鬼の如き異人や土用波/久米正雄

電線の雀すぐ翔つ土用波/田中青濤

燈台の娘は花園に土用浪/飯田蛇笏

裸寝の身を打つてをり土用浪/森澄雄

土用浪玄界灘に壱岐沈む/高崎小雨城

くろがねの面の風の土用波/石原八束

茎さしてガラス瓶透く土用波/桂信子

男らの腹出っ張って土用波/坪内稔典

物売りの荷を砂におく土用波/桂信子

この濱や雲ばかりなる土用浪/原石鼎

切株のわれらを呼べり土用波/徳弘純

松一本伐られ土用波さわぐ/窪田丈耳

牛の糶立つ土用波岸をうつ/山口青邨

土用波真昼のことの渚かな/尾崎迷堂

土用波砂丘くれゆく洲を抱く/及川貞

湧く星の粒大いなり土用波/藤田湘子

俳句例:41句目~

土用波夏もやゝなる岬かな/尾崎迷堂

土用波夕日の力まだのこる/櫻井博道

土用波大王崎に滝すだれ/鈴鹿野風呂

浜草の塩たれ伏すや土用浪/島田青峰

土用波寄するや荘の裏梯子/久米正雄

土用波神島模糊として確か/加古宗也

土用波ものの始まる暗さあり/手塚順

土用波胸の十字架炎々と/加藤知世子

土用浪の断崖喉に声溜めて/高井北杜

浜草に及び居りけり土用波/松藤夏山

安房上総岬重ねて土用波/鈴木真砂女

土用波ことば光りて父の遺言/北光星

土用波くるよ子の丈父の丈/辻田克巳

土用浪大砲打ちに沖の岩/鈴鹿野風呂

土用浪胸の十字架炎々と/加藤知世子

土用波波の裏より手が挙り/高澤良一

赤松の幹に日の射し土用波/澤本三乗

土用波へ腹の底より牛の声/西東三鬼

鎌倉やこぞつて来たる土用波/中拓夫

朝市のうしろ輪島の土用浪/舘野翔鶴

俳句例:61句目~

土用波かぶりし岩は滝をなし/松藤夏山

土用波きこえてくらき芥子畠/石原舟月

土用波ましぐらに来る父の国/伊藤白潮

土用波また初めよりやり直す/秋田裕弘

土用波わが立つ崖は進むなり/目追秩父

土用波一つ乗り越ゆ男の血/鈴木真砂女

土用波天うつ舟にわが乗りし/山口青邨

土用波根付若布をうち揚ぐる/高澤良一

土用波畳に立てば見ゆるかな/岩田由美

土用波舟小屋に舟はみだして/加藤憲曠

土用浪の大王岬に叫びたし/鈴鹿野風呂

勇ふくはるかなりけり土用波/三好達治

土用浪浴後食後の日をのこし/木津柳芽

土用浪砂丘駱駝を友とせず/百合山羽公

土用浪銚子の町にきこへけり/野村喜舟

売店に林檎ぬくもる土用浪/田川飛旅子

大島ヨネの霊感くるふ土用波/中烏健二

島蔭や灯一つに寄する土用浪/島田青峰

布哇やがて神域たらん土用浪/渡邊水巴

患いは身にいくたびぞ土用波/江里昭彦

俳句例:81句目~

抜手切りたし折角の土用波/後藤比奈夫

日輪をころがしてをり土用波/高橋笛美

樹に蜥蜴地を震はせて土用浪/大野林火

死にしふりして蟹あはれ土用浪/原石鼎

水槽のをこぜが恋ふる土用波/和田祥子

浜歩きゐるは海女らし土用波/下村梅子

砂に立つ足根こそぎに土用波/辻美奈子

耳底とおもふあたりの土用波/田中裕明

くりかへし海を鍛へる土用波/津田清子

ちぎれたるてんぐさ鏤めし土用波/篠原

近づかむために陸あり土用波/三橋敏雄

再びは遇ふなき別れ土用波/冨田みのる

向ひ来る真っ暗がりの土用浪/橋本遊子

黒人がタイヤ燃やせり土用浪/沢木欣一

土用浪海よりも吾つかれ果て/山口波津女

土用波海よりも吾つかれ果て/山口波津女

底うねりしてたしかにも土用波/石塚友二

つばくららどこまで揚る土用波/三好達治

土用浪の裏は日あたりつつ奔る/加藤楸邨

つつ立ちてゆがみゆく顔土用波/西東三鬼

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ