季語/桑(くわ)を使った俳句

「桑」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「桑」について

【表記】桑

【読み方】くわ

【ローマ字読み】kuwa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・桑の芽(くわのめ:kuwanome)

・桑畑(くわばたけ:kuwabatake)

季節による分類

・「く」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

桑を含む俳句例

桑畑に人の足音夜明星/龍太

門前の大桑畑寺富めり/上村占

山桑や一棚の蚕の作り徳/船山

桑の花新入社員整列す/本井英

桑畑に無人踏切初筑波/富安風生

長良川少し遡れば桑畑/京極杞陽

桑畑や女蓑着て頬被り/高浜虚子

桑畑に父出て深くなりし冬/原裕

下萌や春まだ浅き桑畑/渡部穀雨

川透きて十一月の桑畑/斎藤道子

蝉殻をぬぐや信濃の桑畑/樋笠文

山桑の花咲く頃の岩狩/高野素十

麦蒔や雉の飛び出し桑畑/藤井紫影

桑畑に喰ひつぶしの毛虫かな/五律

三月の桑畑のぼる男下駄/桜井博道

信濃路は鶏もなかず桑畑/巌谷小波

桑畑の闇を風過ぐ夜の秋/河野南畦

山桑の花白ければ水応ふ/臼田亞浪

凩に桑畑柿の畑も無し/百合山羽公

山桑のひそかの熟れも翁径/有働亨

俳句例:21句目~

桑畑に綿の白さの秋の雲/細見綾子

山桑の淡淡と花盛りなる/高野素十

秋の川桑畑の色を遠ざくる/瀧春一

山鳥の羽音つつぬけ桑畑/皆川盤水

桑畑や枝黄に春の雨上り/滝井孝作

黒牛にかつと夏来て桑畑/臼井千鶴

父在りし日の晩秋の桑畑/倉田絋文

秋の星遠くしづみぬ桑畑/飯田蛇笏

緋桃さく水車の裏の桑畑/寺田寅彦

餅搗の息をどりをり桑畑/中澤康人

ひぐらしや妙義影おく桑畑/河野南畦

桑畑を山風通ふ昼寝かな/松本たかし

山桑黄葉藁雀の鈴が届いた/金子皆子

山桑は花垂らしをり切通/阿波野青畝

冬空や峡にくひ入る桑畑/金尾梅の門

日本の名ある部落や桑の花/橋本晴波

早春の火を焚いてゐる桑畑/永方裕子

山桑の花の風鳴る土用かな/萩原麦草

近道を迷はず抜けて桑の花/稲畑汀子

山桑の花ひたにぬれ春驟雨/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

桑畑の闇がしたしく訪れし/木村蕪城

門松のみどり目立つや桑畑/滝井孝作

顧みる人もなけれど桑の花/天沼茗水

桑畑に霧ふる二十三夜月/田口土之子

桑畑のかぎりのはての利根堤/上村占

でこぼこの道の長くて桑の花/小林一行

ほほえんであなたが沈む桑畑/五島高資

七党の地の桑畑や吹きながし/巌谷小波

桑畑を過ぎ行く時に春を待つ/細見綾子

山刀ありやすがあり桑の花/大峯あきら

山桑の家の主婦来る斑猫連れ/金子兜太

山桑は芒の中にゐてむしる/廣江八重櫻

桑畑に幣鍬はじめしたるらし/皆吉爽雨

羽抜鶏山桑畑に来て追はる/石橋辰之助

桑の花信濃乙女のつつましく/平沢桂二

桑の花奥に大きな藁屋あり/石井とし夫

道別れして多摩や民権桑の花/古田/海

桑畑に出て十六夜の月を見し/細見綾子

桑畑の木の間を来たる鶲かな/皆川盤水

桑畑に水音かよふ暮春かな/成瀬桜桃子

俳句例:61句目~

桑畑の径湖へ出づ魂まつり/大峯あきら

桑畑の暗さを秋のはじめかな/椎名/彰

桑畑へあがる渡舟や春寒し/大場白水郎

桑の花そちらまはりて友覗く/八木林之助

桑畑の煙るが如く芽ぶきをり/柴山つや子

冬ふかき日の吹かれをり桑畑/金尾梅の門

色糸のひと日に減りぬ桑の花/神尾久美子

桑畑がぬれるほど降る寒の雨/廣江八重櫻

桑畑を萌黄の雨のとほりけり/岡本まち子

やゝ淋しことありし日の桑の花/帖地津木

桑畑を削ぎ落したる雪崩かな/大橋櫻坡子

雹降りて桑畑はたと無かりけり/高濱虚子

山畑のいよいよ荒れて桑の花/青柳志解樹

桑畑に摘みし蓬のやはらかし/穴井/まき

泳ぎ子のしぶきはや立つ桑の花/米谷静二

桑畑にしづみて村はまだねむる/長谷川素逝

山桑の実をふくみつつ熔岩の道/大久保幸子

桑の花芽に先んじて咲きにけり/細木芒角星

桑の花さみどりに芽は出そろはず/北原白秋

見上げたる老木に垂れし桑の花/水原秋桜子

俳句例:81句目~

桑畑へ不二の尾きゆる寒さかな/久保田万太郎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ