季語/白酒(しろざけ)を使った俳句

「白酒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「白酒」について

【表記】白酒

【読み方】しろざけ

【ローマ字読み】shirozake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・白酒売(しろざけうり:shirozakeuri)

・白酒徳利(しろざけとくり:shirozaketokuri)

・白酒瓶(しろざけびん:shirozakebin)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

白酒を含む俳句例

俳名即ち戒名お白酒/黒田杏子

白酒を富士の詠や公家雛/露言

滞り~注ぐ濃白酒/阿波野青畝

白酒や玉の杯一つづつ/村上鬼城

白酒を飲む傍に地酒置き/岡安仁義

杯に白酒音もなく満ちぬ/田村了咲

白酒や同い歳なる筒井筒/野口里井

白酒や妻とほろ酔ひ税滯めて/岸田稚

白酒や夜は夜で老の雛の客/山川能舞

白酒の酔となるまで松を見て/桂信子

白酒を仰向いてのむ女かな/浅井静子

白酒や夕日しばらく雲の中/岸本尚毅

白酒の酔ほのめきぬ長睫毛/富安風生

花の雪白酒売は女形かな/長谷川かな女

白酒のギヤマンといふ一揃ひ/高野素十

白酒の紐の如くにつがれけり/高濱虚子

処女みな情濃かれと濃白酒/松本たかし

白酒やむかしのごとく川の音/黒田杏子

白酒のなまじの酔に夜風かな/細川加賀

白酒や江戸絵の上野花真白/市川東子房

俳句例:21句目~

白酒をこぼしてのめる鼠かな/西山泊雲

白酒をつぎをはりたる袂かな/池田秀水

白酒に恋ほのかなる朱唇かな/島田青峰

白酒を臈たしとしぬその酔も/後藤夜半

あるだけの花あるだけのお白酒/田中裕明

おみなごの鬱や白酒澄みゆけり/寺井谷子

ほとほとと白酒をつぐ霞かな/田川飛旅子

母乳より濃き白酒をつがれけり/嶋田麻紀

白酒にほのかに酔ひて琴弾ける/田中冬二

白酒に手足ものうくなりにけり/澤村昭代

白酒に酔うても見せて夫のまヘ/大石悦子

白酒の十九の酔の美しき/谷崎/和布刈男

白酒や姉を酔はさんはかりごと/日野草城

白酒やなでゝぬぐひし注零し/阿波野青畝

白酒をろうたしとしぬその酔も/後藤夜半

白酒をおしみてわかつ瓶子かな/西山泊雲

白酒やひよどり多き嵯峨住ひ/大峯あきら

白酒をすこし侮りすぎにけり/後藤比奈夫

白酒や蘇鉄の月に女来る/吉武月二郎句集

白酒を紐のごとくにつがれけり/高濱虚子

俳句例:41句目~

白酒やどんどこ降つて昼の雪/大峯あきら

過ぎし方うるむがごとし濃白酒/赤尾兜子

お白酒とろりと落ちて満ちにけり/松尾静子

たわやめのあえかに酔ひぬお白酒/日野草城

白酒にさざめくといふことのあり/後藤夜半

白酒の使来て春の雷ふたたび/長谷川かな女

白酒のとうとうたらり注がるる/上田五千石

白酒やあまりかぼそきぼんのくぼ/清水基吉

白酒を買ひ足すといふことをして/後藤夜半

老いぬれば脳みそ減るとお白酒/波多野爽波

白酒のすこしくぼみて注がれけり/大久保橙青

白酒の言ひたて花のふゞきけり/久保田万太郎

白酒に酔ひしにやあらん愉しかり/高橋淡路女

白酒のちよこをなめつゝ酔ひしかな/長谷川かな女

甕竝めて白酒や黒酒濃き淡き杓に汲み分け賣るぞわがわざ/高橋睦郎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ