季語/彼岸(ひがん)を使った俳句

「彼岸」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「彼岸」について

【表記】彼岸

【読み方】ひがん

【ローマ字読み】higan

子季語・関連季語・傍題・類語など

・万燈日(まんどうび:mandobi)

・彼岸参(ひがんまいり:higammairi)

・彼岸太郎(ひがんたろう:higantaro)

・入り彼岸(いりひがん:irihigan)

・さき彼岸(さきひがん:sakihigan)

・初手彼岸(そてひがん:sotehigan)

・終い彼岸(しまいひがん:shimaihigan)

・彼岸ばらい(ひがんばらい:higambarai)

・彼岸団子(ひがんだんご:higandango)

・彼岸寺(ひがんでら:higandera)

・彼岸講(ひがんこう:higanko)

・彼岸前(ひがんまえ:higammae)

・彼岸過(ひがんすぎ:higansugi)

・彼岸舟(ひがんぶね:higambune)

・彼岸道(ひがんみち:higammichi)

・彼岸姿(ひがんすがた:higansugata)

季節による分類

・「ひ」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

彼岸を含む俳句例

山一つかはり雪みち彼岸前/目

網入ぬ海の凪見る彼岸哉/霞夫

朝風の朝ある彼岸桜かな/可盈

彼岸会の若草色の紙包/岡本眸

燕来てなき人問ん此彼岸/炭太祇

嫗嚊が桜をのぞく彼岸かな/太祇

風もなき秋の彼岸の綿帽子/鬼貫

紙苞の鯉の荒息春彼岸/藤岡筑邨

紅梅に中日過し彼岸哉/正岡子規

流木に捨猫遊ぶ彼岸潮/田村鬼現

忘却も供養の一つ秋彼岸/森白象

彼岸前寒さも一夜二夜かな/路通

丈六の卒塔婆みちを彼岸婆/原裕

恋衣紅白彼岸の青芝に/香西照雄

何の灰海べの髪へ秋彼岸/上村占

彼岸寒切張多き寺障子/福永京子

八十の彼岸聾となりてゐし/麦草

日表へ集る蜂よ秋彼岸/村越化石

彼岸まで妹の刻姉の刻/須川洋子

秋彼岸母の遺せし鯨尺/藤井達男

俳句例:21句目~

黒牛の涎一筋秋彼岸/川井しほり

地獄波凪ぎ誕生寺秋彼岸/吉川鬼洗

地獄絵を媼の拝む彼岸寺/渡辺威人

月山の山ひだ深き春彼岸/有馬朗人

墓の雪払ひて彼岸詣かな/鈴木康永

墓洗ふ肩に囁く彼岸西風/巌谷小波

声高に灸のはなし入彼岸/土田桂子

秋彼岸麓の馬の紺に見ゆ/友岡子郷

順礼と泊り合せる彼岸哉/正岡子規

曇りしが降らで彼岸の夕日影/其角

大根の花さく彼岸日和哉/正岡子規

みの虫の蓑翻る彼岸西風/山田八峰

天領の一筋町や彼岸市/波多野弘秋

女ばかり参る墓あり秋彼岸/坂井建

彼岸過ぎの川向日葵の焼柱/中拓夫

雲に古る扉の花鳥彼岸寺/飯田蛇笏

婆々達に木ぽく~彼岸来/河野静雲

集ひくる白鶺鴒や秋彼岸/堀口星眠

秋彼岸袂ひろげて飛ぶ雀/川崎展宏

父のみの眠る新墓秋彼岸/大橋敦子

俳句例:41句目~

秋彼岸竹林雲の下に揺れ/廣瀬直人

秋彼岸父の昔を母語り/野見山智子

長老に鴉のなるゝ彼岸哉/角田竹冷

宝蔵の扉開けある彼岸寺/中島信峯

鎌倉や松の中なる彼岸寺/島田青峰

寒波来て遠山白し秋彼岸/相馬遷子

山吹の帰花見る彼岸かな/子規句集

彼岸会や花吹き入るゝ青畳/泉珀雲

山門にラジオ放送彼岸寺/岸風三楼

彼岸会をいづこのの赤き鰭/斎藤玄

身命といふ語しみじみ彼岸過/風生

一族の婆先頭に彼岸墓地/山田節子

村中を法華の叩く彼岸哉/小澤碧童

彼岸入とて萩の餅波郷氏も/及川貞

引水に豆腐沈めて彼岸寺/伊沢四子

起々に蒟蒻もらふ彼岸かな/炭太祇

彼岸過水引草の花さきぬ/正岡子規

樒花咲くや彼岸の挨拶に/尾崎紅葉

彼岸入り斎粥熱き禅の寺/竹川貢代

秋彼岸海の夕づく俄かさよ/村田脩

俳句例:61句目~

三文の花善根の彼岸かな/三砂吟月

赤松の幹の明るき秋彼岸/矢島房利

赤松の幹に力や秋彼岸/片山由美子

昼中の彼岸の月や杉木立/正岡子規

梵妻も一目置くや彼岸婆/橘/榮春

駄々走り来て小水の彼岸婆々/静雲

丘陵の雑木吹鳴る彼岸道/高澤良一

二上山の入日壮絶秋彼岸/細井才司

秋彼岸廂より煤ふりたるを/中田剛

人ごみに蝶の生るゝ彼岸かな/耕衣

秋彼岸千畳の間を赤子這ふ/藤崎実

人暗き聴法の灯や彼岸寺/会津八一

誘ひあひ彼岸詣の老姉妹/星野立子

人界のともしび赤き彼岸かな/遷子

会釈して影の縮まる彼岸婆/岸田稚

何迷ふ彼岸の入り日人だかり/鬼貫

断崖を離れぬ鳶や彼岸潮/高井北杜

秋彼岸ただ一本の銀杏も/廣瀬直人

きらきらと秋の彼岸の椿かな/木導

傾城に菎蒻くはす彼岸哉/高井几董

俳句例:81句目~

神楽坂上りて彼岸脂かな/島村茂雄

兄妹の相睦みけり彼岸過/石田波郷

兄弟の相睦みけり彼岸過/石田波郷

藍若く甕に泡立つ春彼岸/棚山波朗

石積みて仏宿らす彼岸道/山下桂子

眦に鳥はありけり秋彼岸/桑原三郎

彼岸田に電球浮べ農の亡び/斎藤玄

午前中子守婆午後彼岸婆/小原澄江

茎立の花うちこぼす彼岸かな/支考

苔寺の苔の漸く彼岸かな/尾崎迷堂

南天の長寿箸買ふ秋彼岸/中橋文子

聴法の女ぞ多き彼岸かな/会津八一

念仏の一人芝居や彼岸寺/大橋硯山

口むすぶ鯉みて帰る秋彼岸/桂信子

ついて来た犬も乗る哉彼岸舟/一茶

未亡人と見てうら若し彼岸みち/占

古町を通りぬけたる彼岸かな/原裕

彼岸潮一の鳥居を岩の上/大平芳江

翔け立ちし鴎滴る彼岸寒/野路斉子

木に鶏の止りて秋の彼岸寺/岸田稚

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ