季語/曲水(きょくすい/ごくすい)を使った俳句

「曲水」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「曲水」について

【表記】曲水

【読み方】きょくすい/ごくすい

【ローマ字読み】kyokusui

子季語・関連季語・傍題・類語など

・曲水の宴(きょくすいのえん:kyokusuinoen)

・曲水の豊明(めぐりみずのとよあかり:megurimizunotoyoakari)

・流觴(りゅうしょう:ryusho)

・盃流(さかずきながし:sakazukinagashi)

季節による分類

・「き」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

曲水を含む俳句例

曲水や後手突いて夕日山/沙羅

曲水や江家の作者誰々ぞ/召波

曲水に秀句の遅参色気あり/曉台

王朝の雅びを今に盃流し/野田武

曲水の盃いつか我が前に/渡辺恭子

曲水の詩や盃に遅れたる/正岡子規

曲水や草に置きたる小盃/高濱虚子

落葉積む鮑石流觴曲水址/石原八束

曲水の流れ竹林より引かれ/百武熊生

奥庭に湧き曲水の水となる/北里忍冬

曲水に匹夫は足を濯ひけり/松瀬青々

玉座石とや曲水の一角に/山崎一之助

流觴の石にあたりて水に乗り/西村数

笏拍子うちて流觴始まりぬ/奥野素径

曲水や春の日永久に落つ勿れ/原月舟

曲水や白拍子の太刀梅に触れ/平田羨

曲水や諷詠に入る四十雀/大谷碧雲居

曲水を繞らす雛の屏風かな/尾崎紅葉

はしり書する曲水の懐紙かな/松瀬青々

曲水の円座にどかと緋衣の僧/江口竹亭

俳句例:21句目~

曲水の夜もしろじろと花筏/冨田みのる

曲水の歌膝立てて紫衣の僧/小原菁々子

曲水の水のみなかみや鴻の池/井原西鶴

曲水の涸れし歳月落葉積む/文挟夫佐恵

曲水や豊頬女官目もと酔ひ/岡部六弥太

曲水の踵の真砂はらひけり/小林喜一郎

筆買ひて曲水の宮辞しにけり/藤本法子

曲水の雨や朱杯にふりそゝぐ/渡辺数子

岸に触り流觴向きを変へにけり/森田峠

曲水に相場をつかむ気合かな/大町敏夫

流觴の先に三日月かかりたる/小林貴子

流觴の今ゆるやかな鴛鴦ならび/森田峠

曲水に水干の緒を濡らしけり/本條はなよ

曲水の噴上げとなるつつじかな/室生犀星

曲水の大杯に吐く詩魂かな/安斎桜カイ子

曲水の遊びもありしあととのみ/阿部小壷

曲水や硯に阿古の落花磨る/菅原師竹句集

礼深くして曲水の座につきぬ/山崎ひさを

余花ちるや流觴の水いまもなほ/飯田蛇笏

流觴の石にあたりてひとめぐり/高桑義生

俳句例:41句目~

流觴の鳥ともならずゆくへかな/飯田蛇笏

お簀の子に流觴の水の音をきく/長谷川かな女

曲水やどたり寝ころぶ其角組/一茶/文政三年庚辰

曲水やかつ見る庵の蘭亭圖/雁来紅/伊東紅天、鈴木春平編

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ