季語/虚子忌(きょしき)を使った俳句

「虚子忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「虚子忌」について

【表記】虚子忌

【読み方】きょしき

【ローマ字読み】kyoshiki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・椿寿忌(ちんじゅき:chinjuki)

季節による分類

・「き」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

虚子忌を含む俳句例

椿寿忌や山に谺す大木/河野静雲

男より女多くて虚子忌艶/橋本對楠

壇上桜満開の虚子忌かな/岡井省二

虚子の忌の桜漾ふ水の面/石塚友二

虚子忌今日溶岩原遠く吟行す/西村数

山裾にきのふ虚子忌の柴の束/上村占

一山の露授かりし西虚子忌/三宅黄沙

虚子の忌の大浴場に泳ぐなり/辻桃子

少年のけふは虚子忌の膝頭/斉藤夏風

樟脳の器に細り虚子忌過ぐ/中川糸遊

誰も見よ虚子忌の雲の輝きを/上村占

大甕を少女と廻り虚子忌かな/原田喬

短冊の貴ばれたる虚子忌かな/後藤夜半

湖をへだてし寺の虚子忌かな/岡井省二

年々の虚子忌は花の絵巻物/今井つる女

樅杉樅西の虚子忌に詣でけり/岡井省二

虚子忌とは初心に還る事と知る/星野椿

椿寿忌やわが青春の稽古会/深見けん二

椿寿忌の近づく花は日和はと/松尾緑富

隆として柏槙老樹虚子忌かな/高澤良一

俳句例:21句目~

進み出て虚子忌と思ふ甘茶仏/古舘曹人

虚子の忌の風総身に丘に立つ/加藤耕子

谷戸谷戸に残る椿や虚子忌来る/上村占

大安に退院虚子忌恒友忌/阿部みどり女

喪帰りの駅に姦し虚子忌なる/石村与志

横川路は朝より西の虚子忌晴/稲畑汀子

不自由の小諸を語る虚子忌かな/森田峠

漱石の猫か虚子忌の墓の辺に/宮下翠舟

鎌倉に遠き夫婦に虚子忌くる/高野素十

虚子の忌の杖持ち換へて立話/高澤良一

道一つ集ふは西の虚子忌人/稲畑広太郎

京あとに大津をあとに西虚子忌/坂井建

虚子忌来る母老い給ふこと悲し/高木晴子

西虚子忌今日となりつゝ初時雨/高浜年尾

西虚子忌無事に済みしを告げる墓/星野椿

この後は西の虚子忌と申さばや/星野立子

汽車に見し人椿寿忌の庭にあり/吉見南畝

諄々と花鳥の教へ虚子忌来る/深見けん二

椿寿忌の雨にも花の咲きふゆる/山田弘子

人ら会し人ら別るゝ虚子忌かな/大橋敦子

俳句例:41句目~

仕出し物届きて虚子忌の旦那寺/高澤良一

全貌を見せて虚子忌の雑木山/九鬼あきゑ

又花の雨の虚子忌となりしかな/高濱年尾

吾一人落伍をしたる虚子忌かな/高濱年尾

二た昔とも昨日とも高虚子忌/深見けん二

天に鞭すきとほりをる虚子忌かな/上野泰

山みちを紅炉へもどる虚子忌かな/上村占

山道のゆき止まりなる虚子忌かな/岬雪夫

師の下に馳す心尚虚子忌来る/深見けん二

年毎に人ふえ虚子忌目出度さよ/星野立子

座布団の房大いなる虚子忌かな/伊東慶子

忘れずに虚子の忌日と思ふのみ/勝又一透

快き疲れを覚ゆ虚子忌終ヘ/阿部みどり女

春雷し弟子を戒む虚子忌かな/阿波野青畝

朗々と虚子忌披講の尚つづく/深見けん二

橙青逝く西の虚子忌の夜遅く/大久保白村

歳々に花が咲くゆゑ虚子忌かな/細川加賀

満開の花の中なる虚子忌かな/秋元不死男

慟哭のよみがへり来る虚子忌かな/上野泰

狂言の足袋黄色なる虚子忌かな/岸本尚毅

俳句例:61句目~

稽古会小諸に発す虚子忌かな/深見けん二

花の雲四方にありし虚子忌かな/高野素十

若き頃嫌ひし虚子の忌なりけり/猪狩哲郎

葉裏葉表椿虚子忌へ急ぐなり/殿村莵絲子

虚しきが故に虚子忌に参ずなり/京極杞陽

虚子の忌の写真の虚子の薄笑ひ/大野朱香

虚子の忌の清瀧に雪降つてをり/茨木和生

虚子の忌の花食ふ鳥を叱りをり/大石悦子

虚子の忌の言問団子ふところに/恩田秀子

虚子の忌や夢にこどもの頃の家/小林貴子

虚子の忌や天下に恃む一句なし/西村逸朗

虚子の忌や花鳥風詠死語ならず/三木夏雄

虚子忌たり椿に鵯のよく来る日/石田波郷

うらうらと今日美しき虚子忌かな/星野立子

西へ往くすなはち西の虚子忌かな/坊城俊樹

墓前うらら弟子等高声虚子忌かな/山口青邨

客観を説き給ひたる虚子忌かな/深見けん二

はやばやと花の虚子忌の旅程組む/稲畑汀子

虚子忌とは斯く墨すりて紙切りて/星野立子

残されて花の虚子忌にかく侍り/深見けん二

俳句例:81句目~

虚子の忌の浴仏の日を長湯かな/秋元不死男

老いて尚妓として侍る虚子忌かな/下田実花

病みてより鎌倉遠き虚子忌かな/五十嵐哲也

虚子忌まで花の十日や愛しきやし/藤田湘子

虚子の忌の雲にうするる空の青/上田日差子

虚子忌はや落花の浄土なまぐさし/飯田龍太

恒友忌虚子忌の四月来りけり/阿部みどり女

我庭の木瓜赤うして虚子忌かな/池内たけし

受けし寵かへさんとして虚子忌かな/上野泰

冷えつゝも虚子忌とは暖かきもの/高木晴子

一花づゝ皆が持寄る虚子忌かな/吉良比呂武

悪人といふ者もあり虚子忌なり/秋山巳之流

虚子の忌を期しての船出みそなはせ/山田弘子

立子へと教へたまひし虚子忌かな/阿波野青畝

座布団のたらぬ虚子忌となりにけり/山本林雨

虚子の忌を明日にぞくぞく海に星/波多野爽波

虚子の忌のさくら一花もこぼすなし/大島民郎

虚子忌なりひとの暗愚の見えにけり/藤田湘子

紅うすく刷いて富士ある虚子忌かな/川崎展宏

桜咲き闇のふくらむ虚子忌かな/鍵和田ゆう子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ