季語/木斛の花(もっこくのはな)を使った俳句

「木斛の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「木斛の花」について

【表記】木斛の花

【読み方】もっこくのはな

【ローマ字読み】mokkokunohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「も」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

木斛の花を含む俳句例

木斛の花に群がる羽音かな/堀恭子

木斛の花の向ふの末社かな/柏村貞子

木斛の花の辺の石乾きゆく/小池文子

うとまれし猫木斛の花の下/岡本まち子

人知れず木斛の花散りにけり/田原砂子

木斛の花に降る雨にくからず/高岡智照

木斛の花に風あり海女の墓/村中/美代

木斛の花掃いて焚く門火かな/石原舟月

木斛の花降りつづく雨のあと/竹田唖子

花木斛仏具屋通り坂となる/古賀まり子

木斛の花うすあをき別れかな/山田みづえ

木斛の花におとろへきし夕日/青柳志解樹

木斛の花の咲きしを気付かずに/小畑一天

木斛の花ほろほろとくもりけり/光木正之

木斛のひそかな花に寄りて立つ/尾形初江

木斛咲きじはじはむしむしする日なり/高澤良一

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ