季語/零余子飯(むかごめし)を使った俳句

「零余子飯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「零余子飯」について

【表記】零余子飯

【読み方】むかごめし

【ローマ字読み】mukagomeshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ぬかご飯(ぬかごめし:nukagomeshi)

・ぬかご汁(ぬかごじる:nukagojiru)

・薯子飯(いもごめし:imogomeshi)

季節による分類

・「む」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

零余子飯を含む俳句例

報恩講大椀に盛るむかご飯/堀文子

懸命に働くが好きぬかご飯/中西倭

山姥の話のつゞき零余子飯/可児素子

御師の房戴く夜の零余子飯/秋山花笠

六十を過ぎて放埒むかご飯/武藤善尚

此の匂ひ蘭にもせうか零余子飯/呉老

珍客に咄嗟の妻が零余子飯/吉沢無外

お替りの茶碗に軽きむかご飯/星野椿

塩味のほどよく炊けて零余子飯/熊沢豊

炊きくれて日本遠き零余子飯/上崎暮潮

老僧のもてなし嬉し零余子飯/真柄嘉子

むかご飯民話後半妻に継がす/目迫秩父

むかご飯ぽろりと泪しめ出しぬ/赤松子

零余子飯むしろ奢りの餉と思ふ/瀧春一

むかご飯作りてありぬ里の寺/柴田月兎

米洗ひ零余子洗ひぬ零余子飯/尾崎迷堂

早々と灯ともる宿の零余子飯/折口/敬子

炊き上る匂ひのしかと零余子飯/豊川湘風

老いたれば言葉少なに零余子飯/藤芳延枝

遠き日を子等に語りて零余子飯/松本正弘

俳句例:21句目~

零余子飯/戦は遠い日のことか/柏岡恵子

零余子飯つやつやと炊け母恋し/栗間耿史

零余子飯わが誕生日忘れられ/石田あき子

零余子飯出てより話弾みけり/平田マサ子

零余子飯見合ののちの十年経て/塚本邦雄

零余子飯記憶の味に炊き上ぐる/原島悦子

たれかれに供へて熱きぬかご飯/黒田杏子

はらからに残る童顔むかご飯/柳原佳世子

むかご飯二人子ふたり嫁がせて/手島靖一

むかご飯悪事おおかた忘れたり/徳弘喜子

むかご飯水辺の母は跼んでいた/塩野谷仁

ブラジルは世界の田舎むかご飯/佐藤念腹

昏れてなほ青空があり零余子飯/角田春樹

父いつも余分は言はず零余子飯/柴野恵津子

むかご飯土鍋に炊いて神饌田守/佐藤うた子

むかご飯夕日がくらくなりにけり/永作火童

零余子飯母の匂ひに炊きあがる/名高栄美子

ぬかご飯二度炊きし二度味ちがふ/細見綾子

むかご飯炊くには足らず五六つぶ/神坂光生

零余子飯炊けさうなほど手に溢れ/稲畑汀子

俳句例:41句目~

木洩れ日のやうな余生や零余子飯/安斉君子

表沙汰になつてしまひぬ零余子飯/内田美紗

炊きあげてかすもの如しぬかご飯/角川照子

長生きは下手と言いつつ零余子飯/木室希実子

歯にふれてほのかなる香や零余子飯/松岡刻積

亡き父母へ湯気ほろほろと零余子飯/新井英子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ