季語/三日月(みかづき)を使った俳句

「三日月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「三日月」について

【表記】三日月

【読み方】みかづき

【ローマ字読み】mikazuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・三日の月(みっかのつき:mikkanotsuki)

・月の眉(つきのまゆ:tsukinomayu)

・眉書月(まゆがきづき:mayugakizuki)

・眉月(まゆづき:mayuzuki)

・三日月眉(みかづきまゆ:mikazukimayu)

・新月(しんげつ:shingetsu_)

・若月(じゃくげつ:jakugetsu)

・蛾眉(がび:gabi)

・初魄(しょはく:shohaku)

季節による分類

・「み」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

三日月を含む俳句例

波のほの三日月消ゆる嵐かな

三日月に必ず近き星一つ/素堂

枯山や昼三日月と凧/増田龍雨

三日月や柱にすわる高灯籠/銭正

淀川の大三日月や時鳥/子規句集

三日月や膝へ影さす舟の中/太祗

三日月や膝へ影さす船の中/太祇

三日月を撓めて宿す芒かな/素堂

三日月や影ほのかなる抜菜汁/曽良

三日月に行先暮るる枯野かな/青蘿

三日月や春篁の夕なびき/太田鴻村

三日月や東寺に近き芋畑/大谷句佛

三日月の船行かたや西の海/炭太祇

三日月のいつか出てゐる桜麻/嵐竹

三日月のいつか出て居る桜麻/嵐竹

三日月や輪講猿蓑を畢る/下村槐太

三日月の櫛や忘れし雪女/佐藤紅緑

葛飾の冬の三日月通ひ妻/星野石雀

梅林に三日月と星光度同じ/右城暮石

母老いて三日月遊ぶ家の中/竹本健司

俳句例:21句目~

涼風やほの三日月の羽黒山/松尾芭蕉

三日月は梅一輪の闇にして/藤野古白

はな散りて三日月高し嵐山/松岡青蘿

二日月三日月より淋しさよ/高野素十

煙突と冬三日月と相寄りし/岸風三楼

三日月へ蕾あらあらしき桜/西村公鳳

人貧し路地の夕三日月金に/下村槐太

三日月の下へさし行く小舟かな/樗堂

人遠く春三日月と死が近し/西東三鬼

煙突と冬三日月の相寄りし/岸風三楼

玲瓏と病む三日月を肴とし/川崎真彌

老人の小走り春の三日月へ/西東三鬼

六斎踊待つ三日月も太白も/大橋敦子

秋水に死者三日月のごとくなり/照敏

冬三日月屋台車に石噛ます/黒沢一太

三日月とひとつならびや冷し瓜/一茶

三日月の影蹈濁すかはづ哉/高井几董

三日月の木ずゑに近し鍋牛/高井几董

冬三日月男宮詣での篠島衆/高澤良一

三日月の沈む弥彦の裏は海/高野素十

俳句例:41句目~

三日月の沈む彌彦の裏は海/高野素十

三日月や父の悲願を山奪ふ/福田蓼汀

冬三日月高野の杉に見失ふ/桑島啓司

卯の花に三日月沈む垣根哉/井上井月

三日月の繊さや風の注連飾/永井龍男

三日月に川一筋や新墾田/河東碧梧桐

三日月に朧の椎の大樹かな/京極杞陽

夕凪や三日月見ゆる船の窓/子規句集

三日月の鉄牛牽きて戻りけり/齋藤玄

三日月や芦の葉先の一あらし/多代女

客帰る三日月があり春の宵/高木晴子

木枯に三日月炎えて米騰る/萩原麦草

三日月に蒟蒻玉を掘る光り/萩原麦草

三日月に行先暮るゝ枯野哉/松岡青蘿

木犀や三日月路の上に落つ/太田鴻村

松に三日月、松の花は掃く/巣山鳴雨

三日月に天窓うつなよほととぎす/一茶

しぐれて三日月へ酒買ひに行く/山頭火

天竺へ冬三日月をとりにゆく/高桑弘夫

たまたまに三日月拝む五月哉/向井去来

俳句例:61句目~

塩釜のたぎり三日月戸の口に/西村公鳳

ひと貧し路地の夕三日月金に/下村槐太

もみがらの山の上なる三日月/森田雪子

此景色誰三日月のはつざくら/松岡青蘿

年の瀬の三日月淡き夕まぐれ/高木晴子

夕三日月氷掻く音絶え間あり/臼田亞浪

松虫に立ち三日月に坐りけり/京極杞陽

三日月や細き薄の穂を出でゝ/星野麦人

冬三日月わが形相の今いかに/鳴戸奈菜

寒三日月目もて一抉りして見捨てつ/梵

山枯れて三日月珠を抱きけり/岡田日郎

三日月さま行水させまする/牧山牧山人

魚の腹膨れてとほき青三日月/田中信克

三日月にかいわるきくの莟哉/松岡青蘿

三日月をたわめて宿す薄かな/山口素堂

馬の市終り三日月濃くなりぬ/田村了咲

冬三日月羽毛の如く粧ひ出づ/原コウ子

朧三日月妻の恙を見舞はなむ/小林康治

顕微鏡見し眼に冬の三日月を/山口青邨

三日月に地は朧なり蕎麦の花/松尾芭蕉

俳句例:81句目~

三日月の沈んで暗し鮭の海/蒲原ひろし

三日月に横顔のある枯野かな/山本千春

霧氷林三日月紐の如く飛び/岡部六弥太

降り足りて三日月寒き残花かな/梅の門

三日月に清宵の鷺すごもりぬ/飯田蛇笏

中指はやゝ三日月に劣りけり/大屋達治

二日はや青三日月に塵もなし/原コウ子

三日月に開く扉のありにけり/五島高資

金鈍る三日月は霜かゝるらし/渡辺水巴

裏谷に三日月の匕首年つまる/野沢節子

二日月三日月早苗夜も育つ/百合山羽公

伏せ葱に夕三日月の影しけり/臼田亞浪

暮々に三日月落ちし青田かな/増田龍雨

何祈らむ冬三日月を額に享け/横山房子

昼三日月胸を反らせど一病身/香西照雄

草刈女三日月ほどな鎌かざす/萩原麦草

繭玉や三日月出でし隠岐の海/藺草慶子

三日月の光る鼻梁の凍りけり/野澤節子

別れ路や三日月雲の中にあり/岸風三楼

三日月の匂ひ胡瓜の一二寸/佐藤惣之助

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ