季語/万太郎忌(まんたろうき)を使った俳句

「万太郎忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「万太郎忌」について

【表記】万太郎忌

【読み方】まんたろうき

【ローマ字読み】mantaroki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・傘雨忌(さんうき:sanuki)

季節による分類

・「ま」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

万太郎忌を含む俳句例

野牡丹に雨の紫傘雨の忌/島山允子

万太郎忌日の竹や軒を貫く/石川桂郎

突き出しの蚕豆青し傘雨の忌/池田秀水

居流れて閨秀多し傘雨の忌/久永雁水荘

傘雨忌や空港に腰浮かしゐて/小林康治

道明組紐さくら鼠に傘雨の忌/鈴木栄子

うなぎ屋の離れ座敷や傘雨の忌/酒井武

傘雨忌もて夏来夕爾忌もて秋来/安住敦

傘雨忌の神田に遊び暮れにけり/小島健

傘雨忌や人形焼をきむら屋で/小林しげと

単衣着て胸元冷ゆる傘雨の忌/鈴木真砂女

縞鯛の縞のいなせや傘雨の忌/片山由美子

こでまりのはなの雨憂し傘雨の忌/安住敦

今生の何がほんとや傘雨の忌/永井友二郎

傘雨忌の川辺にひろふ街の音/上田日差子

銭湯へ子と手をつなぐ傘雨の忌/橋本榮治

万太郎忌らしくなく晴れあがりたる/西山誠

万太郎忌今年のあやめ咲く遅し/成瀬桜桃子

万太郎忌川のあちこち弟子のゐて/大井戸辿

傘雨忌やおろしたつぷり玉子焼/鈴木真砂女

俳句例:21句目~

伽羅蕗を煮つめ傘雨の忌なりけり/池田秀水

傘雨忌のひとりの酒でありにけり/藤田弥生

松の花おわりを晴れて傘雨の忌/諸角せつ子

傘雨忌や「春泥」よりの一読者/小林旭草子

あぢさゐの色には遠し傘雨の忌/鈴木真砂女

傘雨忌やことしのあやめ咲く遅し/成瀬桜桃子

傘雨忌の和綴ぢの句帳買ひにけり/竹之中圭子

伽羅蕗のほどよき照りや傘雨の忌/唐沢南海子

あやめ剪る傘雨忌言ひしひと帰り/中戸川朝人

仲見世の鳩笛を買ふ傘雨の忌/恒松英子「鳩笛」

傘雨忌の湯桶の角の傷みかな/飯鳥晴子「八頭」

死はある日忽然と来よ傘雨の忌/安住敦「柿の木坂雑唱」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ